ホワイトブルース(White Blues)一覧

Archives to Eighties/ジョン・メイオール〜クラプトン、ミック・テイラー参加の1971年発表のアルバム「バック・トゥ・ザ・ルーツ」作成時の音源から

【アナログレコード回顧録】Archives to Eighties/ジョン・メイオール〜エリック・クラプトン、ミック・テイラー参加の1971年発表のアルバム「バック・トゥ・ザ・ルーツ」作成時の音源からのアルバム(1988年)。

Future Blues/キャンド・ヒート〜ブルースに正面から取り組む本格的ホワイト・ブルース・バンドの1970年の作品

【アナログレコード回顧録】Future Blues/キャンド・ヒート〜ボブ・ハイト(ヴォーカル)とアル・ウィルスン(ハーモニカ、ギター、ヴォーカル)を中心に、1966年にロサンゼルスで結成された、ブルースに正面から取り組む本格的ホワイト・ブルース・バンドの1970年の作品。

Live At The Cafe Au Go Go/ブルース・プロジェクト〜アル・クーパーらが在籍したブルース・ロック・バンドのデビュー作はいきなりのライヴ盤

【アナログレコード回顧録】Live At The Cafe Au Go Go/ブルース・プロジェクト〜アル・クーパーやスティーヴ・カッツらが在籍した、ブルース・ロック・バンドの1966年発表のデビュー作は、いきなりのライヴ盤。

ライヴ/ジョニー・ウインター・アンド〜白人ブルース・ギタリスト最高峰、ジョニー・ウインターのハードなロックンロールアルバム

【アナログレコード回顧録】ライヴ/ジョニー・ウインター・アンド〜白人ブルース・ギタリスト最高峰、ジョニー・ウインターの1971年発表のハードなロックンロール・ライブ・アルバム。リック・デリンジャーが参加。

三頭政治(Triumvirate)/マイク・ブルームフィールド、ジョン・ハモンド、Dr.ジョン〜3人の個性が合わさった良質なホワイト・ブルース・アルバム

【アナログレコード回顧録】三頭政治(Triumvirate)/マイク・ブルームフィールド、ジョン・ハモンド、Dr.ジョン〜3人の個性が合わさった、1973発表の良質なホワイト・ブルース・アルバム。

American Hero/マイク・ブルームフィールド〜様々なスタイルのブルースを楽しそうにリラックスした演奏で聴かせてくれます(詳細不明)

【アナログレコード回顧録】American Hero/マイク・ブルームフィールド〜詳細は分からなかったのですが、死後の1984年に発表された、様々なスタイルのブルースを楽しそうにリラックスした演奏で聴かせてくれるアルバムで、本人のボーカルも聴くことができます。

ライヴ・アライヴ/スティーヴィー・レイ・ヴォーン&ダブル・トラブル〜〜豪快に弾きまくる迫力のギターなど本領発揮のライヴ・アルバム

【アナログレコード回顧録】ライヴ・アライヴ/スティーヴィー・レイ・ヴォーン&ダブル・トラブル〜〜豪快に弾きまくる迫力のギターが壮快です。1986年発表の本領発揮の2枚組ライヴ・アルバム。兄のジミー・ヴォーンが4曲で参加。

Texas Flood(テキサス・フラッド~ブルースの洪水)/スティーヴィー・レイ・ヴォーン&ダブル・トラブル〜今や伝説のブルース・ギタリストのデビュー・アルバム

【アナログレコード回顧録】Texas Flood(テキサス・フラッド~ブルースの洪水)/スティーヴィー・レイ・ヴォーン&ダブル・トラブル〜今や伝説のブルース・ギタリスト、スティーヴィー・レイ・ヴォーンの1983年発表のデビュー・アルバム

ポール・バターフィールズ・ベター・デイズの2nd「イット・オール・カムズ・バック」〜アメリカン・ルーツ・ミュージックを基調とした南部の香り漂う味わい深い1枚

【アナログレコード回顧録】1974年発表のポール・バターフィールズ・ベター・デイズの2nd「イット・オール・カムズ・バック」は、アメリカン・ルーツ・ミュージックを基調とした、南部の香り漂う味わい深い1枚です。

イースト・ウェスト/バターフィールド・ブルースバンド〜ブルースの範疇にとどまらないロックの名盤

【アナログレコード回顧録】イースト・ウェスト/バターフィールド・ブルースバンド〜ブルースやホワイト・ブルースの範疇にとどまらない、マイク・ブルームフィールドとエルヴィン・ビショップのギターが冴え渡るロックの名盤。

ジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズ・ウィズ・エリック・クラプトン(JOHN MAYALL AND ERIC CLAPTON)〜クラプトンのブルースのルーツを聴くならまずこのアルバム

エリック・クラプトンのブルースのルーツを聴くならまずこのアルバムでしょうか。ジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズ・ウィズ・エリック・クラプトン(JOHN MAYALL AND ERIC CLAPTON)です。

スポンサーリンク