サッカー日本代表の新監督はハリルホジッチ氏〜アルジェリア代表をベスト16に導いた手腕に期待

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
日本サッカー協会のサイトから

※画像は日本サッカー協会のニュース記事「SAMURAI BLUE(日本代表) 新監督にヴァイッド・ハリルホジッチ氏を招聘 | JFA|公益財団法人日本サッカー協会」のスクリーンショットより。

サッカー日本代表がハビエル・アギーレ監督の元、期待されたアジアカップでベスト8止まりと寂しい結果に終わったのが、2015年1月です。

その直後の2月3日に、八百長関与疑惑で告発されたハビエル・アギーレ氏を解任して空白となっていた代表監督ですが、いよいよ決まりましたね。

新監督に決まったのは、ユーゴスラビア(現 ボスニア・ヘルツェゴビナ)出身の、元アルジェリア代表監督のヴァヒド・ハリルホジッチ氏(62)。

改めて私がニュースとしてお知らせするまでもありませんが、サッカー日本代表の試合をよくレビューしている小梅太郎としては、代表監督交代の記録としても、書き留めておきたいと思います。

ハリルホジッチ新監督は、2014年W杯でアルジェリア代表を率いてベスト16入りという結果を残していて、その前の2010年W杯予選では、コートジボワール代表を本大会出場に導いてます(その後解任されて、本大会前に辞任してますね)。

※参考ニュース:サッカー=日本代表新監督にハリルホジッチ氏決定 (ロイター) – Yahoo!ニュース

就任会見が13日に行われたのですが、次のサイトでその全文が紹介されています。
日本代表新監督ハリルホジッチ氏就任会見全文 | サッカーキング

印象としては、日本代表の立ち位置というか、実力を見極めた上で、現実的に勝つための戦術、戦い方を選択するような監督でしょうか。

なので、強豪相手の時には引いて守る、つまらない試合をするかもしれませんが、いつまでも結果のでない理想ばかりを追い求めるサッカーよりは、日本代表が一歩一歩確実に進歩して行くためには、勝ちにこだわるのは遥かにいいように思います。

昨年のブラジルW杯における、アルジェリアの決勝トーナメント進出の活躍は記憶にありますが、正直に言いますと、ハリルホジッチ監督の記憶はありません。ただ、実績を見るとその手腕には期待しますよね。

ちなみに、ブラジルW杯のアルジェリアの試合は、テレビ観戦記として、次の記事を書いてます。
2014FIFAワールドカップ ブラジル大会【グループH】ベルギー vs アルジェリア テレビ観戦記(2014.6.18)
2014FIFAワールドカップ ブラジル大会【グループH】韓国 vs アルジェリア テレビ観戦記(2014.6.23)
2014FIFAワールドカップ ブラジル大会【グループH最終節】アルジェリア vs ロシア テレビ観戦記(2014.6.27)
2014FIFAワールドカップ ブラジル大会【決勝トーナメントベスト16】ドイツ vs アルジェリア テレビ観戦記(2014.7.1)

ところで、新しい監督の名前の表記ですが、「ヴァイッド」「ハヒド」「ヴァヒド」???

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローをお願いします