地元・小樽北照高校の吉田選手はオリックスに5位指名(プロ野球ドラフト会議2013)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

2013年度のプロ野球ドラフト会議が10月24日開催されました。

個人的に注目していた、地元・小樽北照高校野球部の前主将の吉田雄人(よしだ ゆうと)外野手は、オリックス・バファローズから5位で指名されました。
おめでとうございます。

最近はすっかり北海道の強豪校となって甲子園にも出場している北照高校ですが、今春のセンバツでは8強入りして、夏の甲子園にも出場をしていて、吉田選手も活躍していました。

その後、台湾で開かれた18U(18歳以下)W杯では、吉田選手は日本代表不動のトップバッターとして活躍していて、その様子をテレビやニュースで見ていたので、俄然注目していたんですよね。

その後、プロ野球志望届を日本高野連へ提出して、今日のドラフトでの指名を待っていたんですよね。
もちろん、地元の球団である、日本ハムに指名してもらえたら一番良かったのですが、何はともあれ、指名があって良かったですね。

今後の吉田選手の活躍に注目したいと思います。
(って、契約するんですよねっ!)

さらに北海道関係でもう一人気になっていた選手が、国学院大の杉浦稔大投手です。

実は杉浦投手は帯広大谷高出身なんですよね。

ただ、高3夏の北北海道大会準優勝が最高成績で、甲子園には出場しておらず、大学に入ってから力をつけてきたということで、ここにきてドラフト1位候補になるまでその将来性が高く評価されていたそうです。

ということで、注目されていた通り、見事に東京ヤクルトスワローズに1位指名となりました!
素晴らしいですね。今後の活躍に期待しています。

あれ?確かヤクルトには2010年に北照高校から、又野選手と西田選手が入団してますよね。
ということは、杉浦投手と同学年!?

これは、みんな頑張ってもらいたいですね。

▼関連記事
小樽北照野球部の吉田選手がプロ野球志望届を提出