アナログレコード回顧録記事ヘッダー

トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのファースト〜シンプルなアメリカン・ロックを聴かせてくれるデビュー作

トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのファーストちょっと鼻にかかった甘ったるい声が好みの分かれる所ですが、ポップなセンスも持ち合わせたストレートなロックが魅力のトム・ペティです。

このブログでは3枚目になるのですが、今回はこのアルバムを。

Tom Petty & The Heartbreakers

1976年発表のシェルター・レーベルからリリースされた、トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのデビュー作ですね。中古の輸入盤を手にしました。
邦題は、アメリカン・ガールというタイトルだったのかな。

トム・ペティの顔が映るこのジャケットを見たら、少なくともこのアルバムからアメリカン・ルーツ・ミュージックが香るとは思わないですよね。

その通りに、最初はニュー・ウェイブ系(もしくはパンク系)の扱いで、随分苦戦したようです。


※ジャケット画像はAmazonアソシエイトより。
ジャケットのトム・ペティを見ると、サラサラの金髪にちょっと引きつらした唇にこちらを見据える目…、不適にも、もの寂しくも見えるその表情ですが、いったい何を思うか…
1950年生まれなんで、この時まだ20代半ばですからね。

実際、このアルバムではまだまだシンプルなバンド・サウンド主体で、味わい深いとか、渋いとかとは距離のある音ではあるんですけどね。
ただ、そのサウンドはその後のトム・ペティが繰り出していくアメリカン・ロックの音を既に成していて、シンプルな分カッコいいです。

アルバムはA面1曲目の「Rockin’ Around With You」からシャープな演奏が流れてきますね。
その後のライブで、観客が大合唱する「Breakdown」や、お馴染みの「American Girl」を既にこのデビュー・アルバムで聴く事ができるんですよね。
デビュー・アルバムにして、トム・ペティのソングライターとしての力量を改めて感じます。いい曲群です。

加えて、ハートブレイカーズの演奏が本当にハマってます。
フロントにトム・ペティがいるものの、演奏に一体感があり勢いがあるのもこのバンドの魅力ですね。
個人的にはマイク・キャンベルのギターが好きで、サウンドに効いていますよね。

トム・ペティはフロリダ州ゲインズビルという南部出身とのことですが、やはりその後に、音楽性豊かに南部色を強めていく、そのサウンドのベースとなっているんですかね。

◆iTunes StoreでTom Petty & The Heartbreakers – Tom Petty & The Heartbreakersをチェックする。

※Amazonアソシエイトプログラム等で紹介してますが、記事中のものと同内容でない場合もあるのでご了承願います。
※この記事は旧ブログ「アナログレコード回顧録」の記事を加筆・修正したものです(2015.10.20)


アナログレコードストア | Amazon.co.jp ミュージック