アナログレコード回顧録記事ヘッダー

Southern Accents/トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ〜シンプルでストレートなロックを主体にしつつもバラエティに富んだアルバム

Southern Accents/トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ以前も書きましたが、ニュー・ウェイブ系のように扱われた、初期の頃のイメージが良くないんですよね。

けど、実際はそんな事は無く、今やアメリカを代表する大御所ロック・ミュージシャン(バンド)で、その音楽性は懐が深いですよね。

トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズです。手にしたアルバムは、こちら。

Southern Accents」(サザン・アクセンツ)

1985年発表のアルバムです。輸入盤を購入しました。

トム・ペティで最初に手にしたのは、1986年発表のトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズの「Pack Up The Plantation – Live!」ですが、そもそもトム・ペティの音楽が最初に気になり出したのは、今回のアルバムからの曲でした。

「Rebels」とか「Don’t Come Around Here No More」、「Make It Better (Forget About Me)」等、どの曲もよく耳にしていましたし、先ほどのライブ・アルバムを聴いて更に気に入ってしまって、追っかけでこのアルバムを手にした訳です。

基本的にはシンプルでストレートなロック・ナンバー主体ではあるのですが、いいんですよね、この人。
このアルバムに関してはバラエティに富んでいるとも言えますが、南部の音はもちろん、それらをベースにした様々なロックの創世記の音をリスペクトした音作りのように聴こえてくるんですよね。


※ジャケット画像はAmazonアソシエイトより。
相変わらず、鼻が詰まったような甲高い、ちょっと甘ったるい声でシャウトしてるんですが、やっぱりそれも含めていいですね。
この声質ゆえ、敬遠されるところもあるのでしょうが…

アルバムの中では特に「Southern Accents」が大のお気に入りです。渋いです。
しみじみ聴いてしまうんですよね。

なんか、音楽に対する誠実さが感じられるとでも言うんでしょうか、それがバンドの音として出てきていて、こちらも惹き付けられるんですよね(それがかえってかっちりした印象にとられるところもあるようですが)。

おっと、マイク・キャンベルをはじめとする、ハートブレイカーズの演奏も忘れてはいけませんね。

それにしても、トム・ペティはリッケンバッカーが似合ってるんですよね~
結構、憧れてしまいました(笑)
実は、トム・ペティはこの後もかなりハマりました。

◆iTunes StoreでSouthern Accents – Tom Petty & The Heartbreakersをチェックする。

※Amazonアソシエイトプログラム等で紹介してますが、記事中のものと同内容でない場合もあるのでご了承願います。
※この記事は旧ブログ「アナログレコード回顧録」の記事を加筆・修正したものです(2015.9.3)


アナログレコードストア | Amazon.co.jp ミュージック