サッカーW杯ロシア大会 アジア最終予選 日本代表対オーストラリア代表 テレビ観戦記(2016.10.11)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

サッカーW杯ロシア大会アジア最終予選。
前の試合で終了間際の劇的ゴールで、何とか勝ちを拾った日本代表の今日の対戦相手は、グループ最大の強敵、オーストラリア代表です。

サッカーW杯ロシア大会 アジア最終予選 日本代表対オーストラリア代表

キックオフ:2016年10月11日(火) 18時00分
試合会場:オーストラリア ドックランズスタジアム

試合開始前の個人的な注目ポイント

(試合開始前に執筆してます)

オーストラリア、サウジアラビア、UAE、イラク、タイとのB組に入った日本代表は、現在、2勝1敗勝ち点6のグループ4位と波にのれませんね。というか、残念ながら、最近の日本代表の試合を見ていると、実力的にこのくらいなのかなと、ちょっと寂しい内容の試合が続いています。

今日の対戦相手は、間違いなくグループで一番力のあるオーストラリア代表です。

この試合、日本代表は、酒井宏樹がイエロー2枚で累積警告により出場停止になり、すでにチームを離れ、さらに代わりに先発と思われた長友は、練習のミニゲーム中に頭部を打って脳しんとうでチームを離脱と、なんとSB2人を欠いてます。

右は酒井高徳が入ると思うのですが、左は太田かひょっとして槙野が入るかもしれませんね。

さらに、イラク戦で左足首を痛めたという岡崎は、状態にもよりますが、ニュースで言われているように、本田のワントップはありですよね。で、香川のコンディションが上がっていれば、トップ下に香川で、個人的には、右に清武、左に好調の原口という布陣を見てみたいですが、ハリルホジッチ監督はどういうメンバーを先発させるでしょうか。

最近のオーストラリアはボールをつないでくるとも言われてますが、やっぱり高さが怖いですよね。
ここ数試合、日本代表はセットプレーでやられることが多いので、高さにはしっかり対応してもらいたいです。

強敵オーストラリア相手に、現状の日本代表を見れば、現実的には勝ち点1を獲得できればいいほういなんでしょうが、負けるようなことがあると、最終予選は一気に窮地に追い込まれます。

ただ、この試合に勝つことができれば、チームに失われかけていた自信と勢いがつくので、何とか勝ち点3を獲得してもらいたいです。

(以上は試合開始前に執筆しました)

先発メンバー

GK 12 西川周作
DF 21 酒井高徳/DF 22 吉田麻也/DF 6 森重真人/DF 20 槙野智章
MF 17 長谷部誠/MF 10 香川真司/MF 16 山口蛍
FW 14 小林悠/FW 4 本田圭佑/FW 8 原口元気

ワントップは本田ですね。そして、右に小林を起用してきました。
そして、左SBは槙野できましたね。ボランチは山口です。

オーストラリアのケーヒルはベンチスタートですが、必ずどこかで出てきますよね。怖いですね。

試合観戦記《前半》

試合が始まってすぐの前半5分、いきなり試合が動きます。

原口の相手のパスミスのカットから、長谷部、本田と渡り、本田のタイミングよいスルーパスに抜け出した原口が、GKとの1対1を落ち着いて決めて、日本先制!

真ん中で待って受けてさばく、本田の良さが出ましたね。そして、3戦連発となった好調・原口はお見事です。

何故かは分かりませんが、オーストラリアにパスミスが多いですね。対する日本は、素早いプレスで出足も早く、動きがいいですし、何より集中しているのが見ていて感じられます。

その後、試合は落ち着き、両チームとも攻め手を欠く展開。

前半29分、原口が左サイドの深い位置まで持ち込み、マイナスで出したパスを中央フリーの本田がダイレクトで放ったシュートはキーパー正面。ただ、いい攻撃でしたし、今日も原口がいいです。

しかし、この辺りからは、オーストラリアも前に出始めて、ボールを保持してつなぐ時間が増えてきますが、日本の守備はここまで集中できてます。

前半は、このまま1—0で終了。

前半途中からは、オーストラリアの時間が長かったですが、日本はしっかり集中して守ってましたね。けど、やはり追加点が欲しいですね。オーストラリアは後半、ケイヒルがいつ出てくるでしょうからね。

試合観戦記《後半》

後半開始からのメンバー交代はなし。

追加点が欲しい日本はいいペースで後半に入ったのですが、後半6分、オーストラリアにサイドから攻め込まれ、流れたクロスがペナルティエリア内で相手選手に渡ったところを、寄せてきた原口が後ろから倒してしまい、PKを与えてしまいます。

このPKをきっちり決められ、1—1の同点に追いつかれます(後半7分)。
う〜ん、このPKはもったいなかった。

そして、ここから試合はオーストラリアのペースになってしまいます。
オーストラリアがボールをつなぎつつ、すきを見てシンプルに縦にボールを送るようにもなってきて、日本はちょっと出足が鈍くなってきたのか、プレスが効かず、ボールを奪えなくなってきました。バスミスも増えてきて、耐える時間が続きます。

後半25分、ここで、オーストラリアはケーヒルを投入。当然、試合を決めに来たわけですね。
日本もそろそろ選手交代をして、フレッシュな選手を入れたいですね。

後半29分、吉田からの裏への長いパスを受けて走り込んだ、右サイドの酒井のクロスに、小林のヘディングで合わせるも、これはGKのファインセーブに防がれます。

ここで、日本は交代選手として浅野が準備していたのですが、小林が足がつったか痛めたか、ピッチの外へ。小林、攻守に走ってましたからね。

日本代表は、ようやく選手交代です。
小林→MF 13 清武弘嗣(後半37分)
清武は香川との交代でも良かったですが、小林が疲れか痛んでしまったのかで、しょうがないかな。

本田→FW 18 浅野拓磨(後半39分)
う〜ん、本田は足が止まってきていたので、もっと早い交代でも良かったかも。
原口はなおも走ってます。

日本の攻撃は、オフサイドにかかったけど、この時間帯は浅野の足が生きそうな展開ですね。
オーストラリアはどんどんクロスを入れてきます。後半43分のFKは怖かった!

原口→DF 2 丸山祐市(後半46分)
アディショナルタイム(3分)に入って、DF丸山投入の意図がちょっと分からないですが、ハリルホジッチ監督は現実的に引き分け狙いということかな?入ったポジションがそのまま左サイドでよく分からないですが…

結局、両チームとも決め手を欠いて、このまま1—1の引き分けで試合終了。

日本代表はアウェーで強敵オーストラリアと、勝ち点1を分け合いました。

おわりに

今日の試合内容であれば、できれば勝ち点3が欲しかったですが、試合前の敗戦もかなりの確率で有り得そうな悲壮感漂う状況を考えれば、何とか今後に期待を持つことのできる引き分け、ともいえます。

それにしても、終わってみれは、オーストラリアに決定的なシーンをほとんど作らせず、日本の選手の疲れが見えた終盤も粘り強く守り切ったので、なおさらPKのシーンはもったいなかったですね。

しかしそれ以上に、今日のオーストラリア相手であれば、サイドからも崩せていたので、追加点が欲しかったですね。というか、取るチャンスはあったはずです。そういう点で、やっぱり原口以外の前線はまだまだ物足りないですね。

残念ながら、香川はほとんどボールに絡めず、今回も機能してたとはいえなかったですね。
できれば、イラク戦でいい動きをしていた清武を使ってもらいたかった。というか、何故もっと早く出さなかったと、誰もが思ったはずです。

本田も先制点のシーンはいいプレーでしたが、その後はやっぱりボールが収まらず、ボールを失うシーンも目立ちました。

やはり、今の日本代表の攻撃陣の中心は、原口ですね。勢い余ってPKを与えてしまいましたが、ゴールシーン以外も効果的によく走ってました。個人的には、ここにFWの切り札として、ドイツで絶好調の大迫が、そのままドイツで覚醒して、日本代表に返り咲くことを期待してるんですけどね。

次のアジア最終予選は、11月15日にホーム(埼玉スタジアム2002)にサウジアラビアを迎える試合で、それが年内最後の試合となります。

今節の別の試合、サウジアラビア対UAEの試合結果はまだなんですが、上位を争うサウジアラビアには、ホームでの直接対決で絶対に勝たないとダメですね。

※参考ニュース
サッカー日本代表 – オーストラリアvs.日本 -テキスト速報 – スポーツナビ
「上の人の判断は正しい」…残りたい気持ち抑え、チーム離れるDF酒井宏 (ゲキサカ) – Yahoo!ニュース
長友がオーストラリア戦欠場 練習中に脳振とう離脱 (日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース

【関連記事】
サッカーW杯ロシア大会 アジア最終予選 日本代表対イラク代表 テレビ観戦記(2016.10.6)
サッカー日本代表 W杯ロシア大会アジア最終予選の2016年10月の2試合に挑むメンバー26名を発表
サッカーW杯ロシア大会 アジア最終予選 日本代表対タイ代表 テレビ観戦記(2016.9.6)
サッカーW杯ロシア大会 アジア最終予選 日本代表対UAE代表 テレビ観戦記(2016.9.1)
サッカー日本代表 W杯ロシア大会アジア最終予選の2016年9月の2試合に挑むメンバー24名を発表