WordPressのプラグイン「Google XML Sitemaps」がマルチサイトに対応していないのでベータ版を利用する

今回は、サイトマップを自動で作成してくれるWordPressのプラグイン「Google XML Sitemaps」を導入しようとして、つまずいた話です。
※今回はちょっと前の作業を思い出しながらの備忘録なので、曖昧さはご勘弁を。

まず、「Google XML Sitemaps」を導入するにあたり、インストールして利用しようとすると、いきなりこのようなアラートが出てきてしまいました。何!?

Google-XML-Sitemaps1

This version of Google XML Sitemaps is not multisite compatible.

ということで、WordPressのマルチサイト機能を使っていると、このプラグインはマルチサイトに対応してなので利用できないということです。

これは困った!
そうなんです、このサイトは開設当初に色々と思うことがあって、マルチサイト機能を使ってるんですよね〜

ということで、まずは表示に従って、[try the new beta]をクリックすると、ベータ版のプラグインがあるんですね。
なので、そのベータ版を導入することにしました。

作者のページからベータ版のプラグインをダウンロードします。
ZIP形式でダウンロードすれば、プラグインのインストール画面のアップロードで、簡単にインストールが出来ますね。

ちなみに、本来の「Google XML Sitemaps」が残っていると、インストールに失敗するということなので、無効化して削除しておきましたよ。

Google-XML-Sitemaps2

で、ベータ版を有効化して個別のサイトのダッシュボードに行くと、アラートは出ていませんでした。ひとまずよかった。

設定画面を見てみると、

Google-XML-Sitemaps3

サイトマップができているので、これで設定完了のようですね。

細かい設定については、相変わらずよく分かってませんが(笑)、ひとまずこれを使用して様子を見たいと思います。

ベータ版ということは、今後なんらかの更新があるということなのかな?

っていうか、そもそもせっかくマルチサイトにしたのに、別のブログが準備中のままで一向に進んでないんですよね(汗)

※今回はこちらのサイトを参考にさせていただきました。ありがとうございました。
[太]WordPressマルチサイトでGoogle XML Sitemapsを使ってマルチサイト非対応のエラーが出た場合の対処法。 | Fujitaiju Blog
WordPress 3.x 系マルチサイト向けのGoogle XML Sitemaps 4.0 beta 8を試してみた » さくさく日記 | さくさく日記

※Google ウェブマスターツールを利用する際は、こちらのウェブマスター ツールのヘルプを参考に。
サイトマップの送信 – ウェブマスター ツール ヘルプ