サッカーリオ五輪アジア最終予選(AFC U-23選手権カタール2016)決勝 日本代表対韓国代表 テレビ観戦記(2016.1.30)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

いよいよ、サッカーリオ五輪アジア最終予選を兼ねた、AFC U-23選手権の決勝です。
アジア王者の座をかけた試合の対戦相手は、やっぱり勝ち上がってきた、宿敵韓国です。

サッカーリオ五輪アジア最終予選決勝 日本代表対韓国代表

キックオフ:2016年1月30日(土) 23時45分
試合会場:アブドゥラー・ビン・ハリファ・スタジアム

試合開始前の個人的な注目ポイント

(試合開始前に執筆してます)

準決勝でイラクに勝利し、6大会連続となるリオ五輪出場を決めた日本代表の今大会最後の試合、決勝の対戦相手は強敵、宿敵、韓国です。

韓国の試合は数試合見ましたが、連動したパスワークを展開しながら、ゴールに迫る勢いは、守備を固めて速攻に活路を見出している日本より、チームとして完成されている印象を受けました。
加えて、韓国はフィジカルが強くてプレスや切り替えも早く、泥臭く試合を運んでもくるので、やはり手強いですね。

けど、この大会で大きく成長している日本代表には、何とかこれまでの勢いを生かし、優勝を勝ち取ってもらいたいですね。それが、これまで結果が伴わなかったこの世代にとって、これからの大きな自信になるでしょうしね。

やっぱり、これまで通りスピードを生かしたサイド攻撃がカギでしょうか。

(以上は試合開始前に執筆しました)

先発メンバー

GK:櫛引政敏(鹿島)
DF:室屋成(明治大)、岩波拓也(神戸)、植田直通(鹿島)、山中亮輔(柏)
MF:矢島慎也(岡山)、大島僚太(川崎)、遠藤航(浦和)、中島翔哉(FC東京)
FW:久保裕也(ヤングボーイズ)、オナイウ阿道(千葉)

準決勝のイラク戦から4人が入れ替わってます。
南野は所属クラブの要請で、すでにチームを離れていて、鈴木武蔵は負傷しているとのことです。

試合観戦記《前半》

両チーム、手堅い立ち上がりとなったこの試合、まずは大きなチャンスは韓国でした。
前半6分、韓国のミドル・シュートをGK櫛引が弾いたボールに詰められ、ゴールネットを揺らされたものの、これはオフサイドの判定。韓国の早い攻撃は怖いです。

お互い、攻守の切り替えが早く、しまった試合展開ですが、中盤の攻防は韓国優勢で、やっぱり、出足は韓国の方が鋭いですね。

すると前半20分の韓国の攻撃、左サイドからのクロスを折り返され、その浮き玉をペナルティ・エリア内でフリーでシュートを打たれて、これがDF岩波に当たってゴール。
日本、この大会初の先制を許しましたが、ゴール前で完全にフリーにしてしまったのが、残念ですね。

その後も日本はなかなか中盤でボールを保持できず、韓国ペースで試合が進みます。

徐々に日本もサイドからボールを運べるようになってきますが、全体的に連動した動きも少なく、なかなかシュートまではいきません。

韓国はリードしていることもあってか、落ち着いて守備の対応をしていて、チャンスと見ると攻勢をかけるといった展開で、前半は韓国ペースのまま0—1で折り返します。

う〜ん、日本はどうにも攻撃の形が作れませんが、やっぱりサイドをつくしかないのかな〜

試合観戦記《後半》

後半開始から選手交代がありました。
オナイウ阿道→原川力
前半に主導権を握られていた中盤を厚くしてきましたね。4-3-3のシステムですね。

しかし、後半立ち上がり早々、右サイドで韓国がパス交換から送ったクロスは、中央でフリーで待つ韓国選手に。これをきっちり決めた韓国がリードを広げます(後半2分、0—2)。

いや〜、完全にゴール前でフリーでしたね。さらに奥に一人余ってましたから、これはシステムを変更して、守備陣が混乱したのかなぁ。

その後も韓国ペースで、日本もサイドから攻撃をするのですが、単純にクロスを送るだけではダメですね。攻め手がなくてこれはかなりの劣勢ですね。

後半15分、大島→浅野拓磨
ここで浅野を入れてきましたね。またFWを2枚にしましたが、是非、浅野のスピードを生かしてもらいたいですね。

何とか攻撃の形を作りたい日本ですが、韓国の守備を崩せず、反対に押し込まれるシーンも時々見られます。

後半20分に、原川を起点にして、ようやくゴール前のパス交換で攻撃の形ができたシーンが見られました。すると、そのすぐ後の後半22分、中盤でボールを奪った矢島からの縦パスに、スピードを生かしてDFの間から抜け出したのが浅野!

浅野が後ろからのボールを直接放ったシュートは、相手GKの脇をすり抜けゴール!
日本、ようやく1点を返します!浅野は今大会待望の初ゴールでしすね。

すると、そのすぐ後の後半23分、今度は山中の左サイドからのクロスに、矢島が相手DFの背後からするするっと出てきて頭で合わして、ゴーーール!
何と日本、あっという間に2—2と追いつきました。

ここまで完全に韓国ペースでしたが、この時間帯になって韓国の守備陣の足が止まってきたでしょうかね。
1点目の失点に韓国選手が動揺していたのかもしれませんが、すぐに2点目を決められたのは大きいですね。
それにしても、すごい試合になってきました。

当然、日本に勢いが出てきましたが、韓国の攻撃に対して日本のゴール前ではなおも危ないシーンも見られ、何だかどちらにも得点に匂いがする展開です。

後半30分、矢島→豊川雄太
矢島はどこかを痛めたでしょうか。

韓国は身長のあるFWを投入して、ロングボールを多用してパワープレーになってきました。

勢いをもって勝ち越したい日本は、後半36分、韓国のクリアしたボールを中島がダイレクトで出した浮き球パスに抜け出したのは、またもや浅野!

浅野はうまく身体を入れ替えて、スピードを生かしてボールをキープしてDFを振り切り、落ち着いて放ったシュートは見事にゴールネットを揺らし、日本3—2と逆転に成功しました!やった!!
疲れの見える韓国に対して、浅野のスピードは効果的ですね。

最後はドキドキ、祈るように見ていましたが、久保や交代して入った豊川ら、皆が頑張って最後まで走り、試合はこのまま3—2で終了。

日本、劇的な逆転勝利で、 U-23アジアチャンピオンです!
おめでとう!

おわりに

まずは、若い日本代表、優勝おめでとうございます!

いや〜、正直言うと、2点差になった時は、韓国のできを見てもこれは厳しいかな、と思いましたが、後半は劇的でしたね。

この大会、ここまで沈黙していた浅野が、この大事な決勝で爆発してくれました!

大会のMVPは中島でしたが、みんなが活躍してましたね。
個人的には、FW久保が最後まで献身的に走っていて、得点も決めてましたし、頼もしかったです。

そうそう、前日に行われた3位決定戦は、地元カタールと日本と対戦したイラクとの試合でしたが、延長戦の末イラクが2—1で勝利して、04年のアテネ大会以来3大会ぶり5度目の五輪出場を決めました。

この大会で、アジアのリオ五輪出場は、日本、韓国、イラクとなりましたね。

日本のこの年代は、これまでなかなか結果が出なくて、大会前も悲観的な予想が多かったですが、見事にやってくれました。
これは選手たちも大きく成長しそうで、オリンピックが楽しみです。

それにしても、大会通して、松木さんの解説は最高でした(笑)

※参考:AFC U-23選手権・決勝 韓国vs.日本(アブドゥラー・ビン・ハリファ・スタジアム) | サッカー | 実況 | スポーツナビ

【関連記事】
サッカーリオ五輪アジア最終予選(AFC U-23選手権カタール2016)準決勝 日本代表対イラク代表 テレビ観戦記(2016.1.26)
サッカーリオ五輪アジア最終予選(AFC U-23選手権カタール2016) 準々決勝 日本代表対イラン代表 テレビ観戦記(2016.1.22)
サッカーリオ五輪アジア最終予選(AFC U-23選手権カタール2016) 日本代表対サウジアラビア代表 テレビ観戦記(2016.1.19)
サッカーリオ五輪アジア最終予選(AFC U-23選手権カタール2016) 日本代表対タイ代表 テレビ観戦記(2016.1.16)
サッカーリオ五輪アジア最終予選(AFC U-23選手権カタール2016) 日本代表対北朝鮮代表 テレビ観戦記(2016.1.13)