サッカーリオ五輪アジア最終予選(AFC U-23選手権カタール2016) 日本代表対タイ代表 テレビ観戦記(2016.1.16)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

サッカーリオ五輪アジア最終予選、初戦に勝利した日本代表のグループステージ2試合目の対戦相手はタイ代表です。

サッカーリオ五輪アジア最終予選 日本代表対タイ代表

キックオフ:2016年1月16日(土) 22時30分
試合会場:グランド・ハマド・スタジアム

試合開始前の個人的な注目ポイント

(試合開始前に執筆してます)

16チームが4つのグループに分かれ、各グループ上位2チームが決勝トーナメント準々決勝に進出し、3位までにリオ五輪出場権が与えられるという狭き門ですが、初戦に勝った日本は、この試合に勝てば、グループ2位以上が確定し、決勝トーナメント進出が決まります。

対戦相手のタイは、最近はA代表やクラブチームなどを見ても、粘り強くよく走るいいサッカーをするんですよね。技術もしっかりしている印象です。

この最終予選も、初戦のサウジアラビアに引き分けていて、決して簡単な相手ではないですね。

(以上は試合開始前に執筆しました)

先発メンバー

GK:櫛引政敏(鹿島)
DF:室屋成(明治大)、岩波拓也(神戸)、奈良竜樹(川崎)、亀川諒史(福岡)
MF:矢島慎也(岡山)、原川力(川崎)、遠藤航(浦和)、豊川雄太(岡山)
FW:浅野拓磨(広島)、鈴木武蔵(新潟)

先発は初戦から6人が変わってます。

試合観戦記

前半開始から、いきなりタイの勢いに押し込まれましたが、その後すぐに日本もペースを取り戻します。

攻める日本はポストやバーをたたくシュートが連続して、チャンスを作るもののゴールは割れず。タイのキーパーもいいですね。

基本的に日本が攻める形が多いものの、タイが素早い出足でボールを奪うと、なかなかしぶとく攻撃を仕掛けてくるので、守備は気を抜けませんね。

その後も、日本は攻め込むもののなかなかシュートが決まらず、ひょっとしたら、これはカウンターを狙うタイのペースかという嫌な雰囲気になってきた中、試合は動きました。

前半27分、鈴木武蔵が遠藤からの浮き球のスルーパスに抜け出し、身体の強さを生かしてDFを押さえて放ったシュートが、見事にゴールネットを揺らして、日本待望の先制です!
鈴木武蔵が上手かったです。

その後は一進一退で、必ずしも日本ペースとは言えず、タイの粘りを考えると、早く追加点が欲しいですね。

前半は、このまま1—0で折り返しました。

後半開始からのメンバー交代は、鈴木武蔵→オナイウ阿道

後半開始早々、オナイウ阿道が粘ってペナルティエリア内に切れ込み、放ったマイナスのグラウンダーのクロスは流れたものの、それを拾った原川が左にボールを持ち込み、折り返したボールがGKを越えたところに走り込んだのは矢島!

矢島が頭で合わせたボールはゴールネットを揺らし、日本追加点で2—0としました(後半4分)。

ところが喜んだのも束の間、後半9分、ペナルティ・エリア内で亀川が相手選手を後ろから押して倒してしまい、PKを取られてしまいました。

このピンチに、相手PKキッカーがシュートの際に滑ってしまい、ボールはクロスバーをたたき、日本救われました。
しかし、その後も立て続けにCKからゴールに迫られましたが、これをなんとか凌ぎます。

その後、追加点を狙う日本に対して、まだまだ諦めないタイもボールを奪うと早い攻撃を仕掛けてきて、日本のゴールに迫ってくるという、気の抜けない試合展開です。

後半26分、浅野→久保裕也
期待の浅野は、ちょっと悔しい交代ですね。

後半30分、DFの岩波が自陣の高い位置でボールを奪い、そのまま相手陣内に持ち込み、久保に出したスルーパスはオフサイドギリギリでつながります。
そして、久保が持ち込んでGKと一対一で放ったシュートは、GKに弾かれるものの、そのままゴールラインを割って、日本は試合を楽にする3点目のゴールです!

後半33分、矢島→南野拓実
アタッカー陣が結果を出しているので、初戦で目立った活躍ができなかった南野もゴールが欲しいですね。

後半38分、オナイウ阿道からのパスを受けた久保が、そのままドリブルでボールを持ち込んだところ、ペナルティエリア内で足をかけられ倒されPK獲得。
これを久保自ら冷静に決めて、試合を決定づける4点目です(後半39分)。

結局、試合はこのまま4—0で終了。

日本代表は、この勝利でグループステージ突破が決まりました。

おわりに

終わってみれば4—0という結果でしたが、後半途中までは、タイの攻撃も鋭く、なかなか厳しい試合でした。
それでもこの勝利は、短期決戦で勢いのつく結果ですよね。

危ないシーンももちろんありましたが、初戦に続いて無失点で終えたのはいいですね。
ただ、最後は疲れか全体に足が止まってましたね。それを考えると、初戦から先発を6人を代えて、選手を休めることができたのは良かったですね。

それに、多くの選手が試合に出て、さらにチームが機能したというのは、厳しい日程の中での総力戦というのを考えてもいい状況です。

この試合で、遠藤と室屋が攻守に目立っていて、効いているなと思ったのですが、この2試合フル出場なので、疲れが心配ですね。

次はグループステージ最終戦、19日のサウジアラビアとの試合です。
短期決戦ですから、決勝トーナメントに向けて、さらに勢いのつく試合内容を期待してます。

※参考
<サッカーU23>タイに勝利で決勝T進出 浅野ら先発 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース
AFC U-23選手権 タイvs.日本(グランド・ハマド・スタジアム) | サッカー | 実況 | スポーツナビ