サッカーリオ五輪アジア最終予選(AFC U-23選手権カタール2016) 日本代表対サウジアラビア代表 テレビ観戦記(2016.1.19)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

サッカーリオ五輪アジア最終予選、グループステージ第3戦。
既にグループ1位での決勝トーナメント進出を決めている日本代表の対戦相手は、まだ決勝トーナメント進出の可能性を残しているサウジアラビアです。

サッカーリオ五輪アジア最終予選 日本代表対サウジアラビア代表

キックオフ:2016年1月19日(火) 22時30分
試合会場:スハイム・ビン・ハマド・スタジアム

試合開始前の個人的な注目ポイント

(試合開始前に執筆してます)

サウジアラビアは、グループステージ突破がかかっているので、相当気合いを入れてくるでしょうね。

初戦と2試合目と、先発を6人入れ替えた手倉森監督ですが、グループ首位通過も決まってますし、2試合とも出場機会のなかった選手の出番がありそうですね。

ただ、首位通過が決まっているとは言え、短期決戦の勢い、流れを考えると、下手な試合はできませんよね。
サウジアラビアは強敵ですが、しっかりと結果が欲しいところです。

(以上は試合開始前に執筆しました)

先発メンバー

GK:杉本大地(徳島)
DF:松原健(新潟)、植田直通(鹿島)、奈良竜樹(川崎)、山中亮輔(柏)
MF:大島僚太(川崎)、三竿健斗(鹿島)、井手口陽介(G大阪)
FW:南野拓実(ザルツブルク)、オナイウ阿道(千葉)、中島翔哉(東京)

第2戦のタイとの試合から10人を入れ替え、三竿、井手口、松原、GK杉本が大会初出場になります。
システムも4-4-2だったのが、4-3-3になってます。
実質控え組によるメンバーとなるのですが、総合力を見せてもらいたいですね。

これまでフル出場をしている遠藤が、このチームの攻守のキーマンだったので、試合運びにどのような影響がで出るのかも注意してみたいと思います。

試合観戦記

前半序盤はサウジアラビアもそれほど厳しくは出てこなくて、どちらかというと様子見の試合の入りでした。

日本は中盤の連携ミスやパスミスなど、細かいミスが多いのが気になります。ピッチ状態も試合を重ねているせいか、荒れているようで、選手が足を滑らせるシーンが見られますね。

時間とともに日本もペースをつかみ、時折ゴール前に迫るのですが、なかなかシュートを打たないのがもどかしいです。

前半27分にCKから植田の惜しいシュートはGKが足で弾いてゴールならず。
その後カウンターを受けるシーンもあって、攻守の切り替えが激しい時間帯です。

すると前半31分、中盤でボールを受けた大島が相手選手を一人かわすと、前にぽっかりとスペースが。
見ていて、つい「打て!」と叫んだその瞬間、大島の放った目の覚めるようなミドルシュートがゴールネットに突き刺さり、日本先制です!

前半の終わり頃は、ややサウジアラビアにボールを保持される展開でしたが、これを凌いで前半は1—0で折り返します。

日本の右サイドは、時折突破を許していたので、後半はケアしたいですね(松原のサイドです)。
また、もうちょっとオナイウ阿道のところで、ボールが収まるといいですね。

後半立ち上がりに攻め込むサウジアラビアに、落ち着いて対応した日本は後半8分、右サイドで松原からのパスを受けた南野がドリブルでペナルティエリア持ち込み、エリアのすぐ外にフリーでいた井手口にパス。

井手口がこれをダイレクトでインサイドで狙いすましたシュートは、見事にゴールネットを揺らして、日本追加点です!(2—0)

しかし、そのすぐ後の後半12分、ペナルティエリア内で、植田がルーズボールを相手選手とけり合った際に、ちょっと遅れてけったのがファールの判定で、PKを取られてしまいました。

これを決められ、日本今大会初の失点で、2—1となりました。
ちょっと厳しい判定でしたが、これは気持ちを切り替えてもらいたいですね。

後半21分、三竿→浅野拓磨 システムを4-4-2にしました。
後半23分、松原→亀川諒史

得点後、ギアを上げたかと見えたサウジアラビアに対し、日本はしっかりと対応してますが、サウジアラビアのプレーがラフになってきたので、怪我に注意ですね。
それと、ペナルティエリア内でボールを失うシーンがあったのですが、こういうイージーミスは絶対やっちゃダメですね。

サウジアラビアも終盤は疲れが見えてきたので、交代で入った浅野のスピードを使いたかったですが、チャンスはあったものの生かせませんでしたね。
それと、時折右サイドからのチャンスがあったのですが、亀川のクロスの精度がちょっと低かったです。

後半40分、オナイウ阿道→久保裕也

絶対追いつきたいはずのサウジアラビアも、最後は疲れでしょうね、足が止まりました。
対して日本は懸命に最後まで走り、試合はこのまま2—1で終了。

試合をきっちり終わらせた日本は、これでグループステージ3戦全勝で終えて、決勝トーナメントの準々決勝に臨みます。

おわりに

メンバーを替えて総合力を魅せてくれた日本代表は、厳しい日程の中、選手を休ませながら3試合戦えたことは大きいですね。
今大会好調の遠藤や室屋もこの試合は出番はなく、しっかり休めました。

一発勝負の準々決勝は、中2日で22日のイランとの対戦です。

この3連勝の勢いの乗って、是非、勝ち上がり、そして、3位以内に与えられるリオ五輪出場権を勝ち取ってもらいたいですね。

個人的には浅野に期待してます。スピードは群を抜いているので、あとは結果ですね。

※参考:AFC U-23選手権 サウジアラビアvs.日本(スハイム・ビン・ハマド・スタジアム) | サッカー | 実況 | スポーツナビ

【関連記事】
サッカーリオ五輪アジア最終予選(AFC U-23選手権カタール2016) 日本代表対タイ代表 テレビ観戦記(2016.1.16) | ローカルブロガーのメモ帳
サッカーリオ五輪アジア最終予選(AFC U-23選手権カタール2016) 日本代表対北朝鮮代表 テレビ観戦記(2016.1.13) | ローカルブロガーのメモ帳