サッカーリオ五輪アジア最終予選(AFC U-23選手権カタール2016)準決勝 日本代表対イラク代表 テレビ観戦記(2016.1.26)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

サッカーリオ五輪アジア最終予選準決勝。対戦相手はイラクです。
これに勝てば6大会連続となる、リオ五輪出場が決まるという大事な試合ですね。

サッカーリオ五輪アジア最終予選準決勝 日本代表対イラク代表

キックオフ:2016年1月26日(火) 22時30分
試合会場:アブドゥラー・ビン・ハリファ・スタジアム

試合開始前の個人的な注目ポイント

(試合開始前に執筆してます)

ついにここまで勝ち上がってきました、日本代表の準決勝です。
リオ五輪出場権は3位以上に与えられるので、これに勝てば文句なくリオ五輪出場権獲得という大事な一戦。

ただし、対戦するイラクはこの年代最強ともいわれ、確かこの世代は3戦3敗してるんですよね。

もしこの試合に敗れた場合は、3位決定戦に回ることになるのですが、もう1つの準決勝が、開催地のカタールとここ一番の底力がある韓国との対戦なんですよね…

まあ、先のことは置いといて、まずはこの試合ですね。何としてでもこの試合で勝利を収めてほしいです。

(以上は試合開始前に執筆しました)

先発メンバー

GK:櫛引政敏(鹿島)
DF:室屋成(明治大)、植田直通(鹿島)、奈良竜樹(川崎)、山中亮輔(柏)
MF:南野拓実(ザルツブルク)、遠藤航(浦和)、原川力(川崎)、中島翔哉(FC東京)
FW:鈴木武蔵(新潟)、久保裕也(ヤングボーイズ)

試合観戦記《前半》

日本は序盤から、ボールを落ち着いて捌いている印象で、対するイラクは、どんどん勢いで前線にボールを運んできますね。

ロングボールや浮き球は、フィジカルで劣る日本にとってはやはり分が悪いですね。さらに、イラクはゴール前にくると、つないでもくるので、やはり手強いです。

お互い攻めあぐねていたのですが、前半26分、センターライン付近でボールをカットした鈴木が、左サイドをドリブルで持ち上がり、GKとDFの間に送った早いクロスに飛び込んだのは久保。

久保が滑り込みながら右足で合わせたシュートはゴールネットを揺らして、日本、待望の先制点です!
どうやらこれが、日本のファーストシュートだったでしょうか。

これを機に、イラクが攻勢をかけてきましたね。
ただ、イラクが前がかりになると、日本にもカウンターのチャンスが出てきます。
前半29分、ゴール正面で南野からの縦パスを受けた鈴木がフリーで放ったシュートは、狙いすぎてゴール右へ。

その後も日本がカウンターで裏を何度か取り、チャンスは作るもののシュートまではいかず。ただ、相手のサイドの裏のスペースは狙えますね。

イラクの攻撃に対しては、落ち着いて対応していた日本ですが、前半43分、イラクの右CKを鈴木がクリアミス。これは櫛引が弾いたもののこの浮き球をヘディングでシュートを打たれ、これも再び櫛引が弾いたのですが、さらにイラクにヘディングで合わせられ、これがゴールを割って日本同点にされます。

う〜ん、やっぱり、浮き球になると日本は負けますね。ヘディングで競り合った際に、日本選手はことごとく倒れてたのに対し、イラクの選手はしっかり頭に合わせてましたからね。合わせたのは、相手DFのスアド・ナティク・ナジで、やっぱり強いです。

前半はこのまま1—1で終了です。

期待の南野はサイドでの連携がちょと悪いのが気になります。
相手10番のアリ・ヒスニ・ファイサルは上手くて怖い存在ですね。

後半、高さと強さのない日本は、サイドの裏などへスピードを生かしたいですね。

試合観戦記《後半》

後半始まりからは、イラクの圧力が強くて、攻め込まれる時間が続きますが、日本の守備陣もしっかり対応してます。

時間とともに日本もボールを運べるようになってきましたが、お互いにゴール前でのシュートチャンスまでは行かず、一進一退の試合展開でジリジリします。

後半21分、ペナルティ・エリア内のこぼれ球に対して、日本選手の足が止まり、イラクの選手にクロスを上げられるシーンがありましたが、ここは集中してもらいたいですね。

後半23分、鈴木→オナイウ 阿道
鈴木武蔵は、負傷していたんですよね。
後半33分、久保→浅野拓磨
浅野のスピードをどんどん使ってもらいたいですね。

終盤はじ〜っと見入っていました。
日本はサイドから活路を求め、イランはロングボールを入れて圧力をかけてくる。その応酬です。

アディショナルタイムに入り、これは延長戦突入かと思われた後半48分、日本のロングボールを浅野がスピードを生かして奪い、浅野からのパスを受けた南野が切れ込んで放ったクロスは相手GKに弾かれるものの、そのボールはペンルティ・エリアの外でフリーの原川のもとへ!

原川がワントラップして左足で放ったシュートは一直線にゴールネットを揺らして、なんと日本、劇的なロスタイム弾で2—1と勝ち越しです。

この試合、ミドル・シュートもなかなか打ってくれなかったのですが、最後に原川が見事なミドルを打ってくれましたね。
素晴らしいシュートでした!

日本は後半50分に、中島→豊川雄太と選手交代をして、試合はこのまま2—1で終了。

日本、劇的な勝利でリオ五輪出場決定です!!!!
おめでとう!

おわりに

いや〜、しびれた〜

ロスタイムに原川のシュートが決まった時は、近所迷惑になるくらいに大声を上げてしまいました(汗)

これまで勝てなかったイラクに、この大事な試合で勝ってくれました。やってくれましたね。6大会連続のリオ五輪出場を決めてくれましたね。

最終予選前のこのチームの評価は、決して高いものではなかったですし、まだまだパスワークや連携など、拙いシーンも多々見られましたが、みんなよく走ってました。

この世代は、ようやくこれで、これまで立ちはだかっていた世界への壁を乗り越えたんですよね。

ただ、あと一試合残ってます。
是非、優勝してアジアチャンピオンとして帰ってきてもらいたいですね。

決勝は30日、準決勝のもう一試合、カタール対韓国の勝者との試合です。

※参考
勝てば五輪のイラク戦 日本代表先発メンバー発表 (デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース
AFC U-23選手権・準決勝 日本vs.イラク(アブドゥラー・ビン・ハリファ・スタジアム) | サッカー | 実況 | スポーツナビ

【関連記事】
サッカーリオ五輪アジア最終予選(AFC U-23選手権カタール2016) 準々決勝 日本代表対イラン代表 テレビ観戦記(2016.1.22)
サッカーリオ五輪アジア最終予選(AFC U-23選手権カタール2016) 日本代表対サウジアラビア代表 テレビ観戦記(2016.1.19)
サッカーリオ五輪アジア最終予選(AFC U-23選手権カタール2016) 日本代表対タイ代表 テレビ観戦記(2016.1.16)
サッカーリオ五輪アジア最終予選(AFC U-23選手権カタール2016) 日本代表対北朝鮮代表 テレビ観戦記(2016.1.13)