第87回選抜高校野球大会で北海道代表の東海大四が快進撃でなんと決勝進出!優勝の行方は!?【追記あり】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

甲子園で熱戦が繰り広げられている、第87回選抜高校野球大会ですが、北海道代表の東海大四が、あれよあれよと決勝まで駒を進める、嬉しい快進撃を見せてくれています。

31日の準決勝は、2013年の大会を制した埼玉の浦和学院との対戦でした。

東海大四3―1浦和学院(埼玉)(2015年3月31日 甲子園)

昨秋の明治神宮野球大会準々決勝では、浦和学院に0―10の6回コールド負けだったので、その雪辱を果たしたことになったんですね。

投げては大沢投手が、9安打を打たれるものの粘りのピッチングで、1点で押さえてのナイスピッチングでした。

これで、見事に決勝進出となったわけですが、東海大四としては初、北海道勢でも1963年に準優勝した北海以来、52年ぶりとのことです。ちなみに、夏に連覇した駒大苫小牧は、春は振るわなかったんですね。

参考ニュース:東海大四、北海道勢52年ぶり決勝進出!大沢が9安打1失点の粘投! (スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

東海大四のこれまでの試合をまとめておくと、

1回戦 豊橋工(愛知)0―3東海大四 (3月26日 甲子園)
エース大沢が、3安打10Kで完封。

2回戦 東海大四3―2松山東 (愛媛)(3月28日 甲子園)
終盤に2点差をひっくり返しての逆転勝ちで、初の8強入り。

最初の2試合は、続けて21世紀枠との対戦だったんですよね。

準々決勝 高崎健康福祉大高崎(群馬)0―1東海大四 (3月29日 甲子園)
エース大沢の連投を避け、東海大四が権が先発し、5回から大沢がつないでの見事な完封リレーでした。

ということで、いよいよ迎える決勝の対戦相手は、敦賀気比(福井)です。

ちなみに、敦賀気比は2013年の選抜、昨年(2014年)の夏の甲子園でベスト4まで進んでいる強豪なんですよね。

北海道勢、北陸勢とも、勝てば選抜は初優勝となります(北海道は夏の優勝はありますが、福井は春夏合わせて初優勝ですね)。

さて、決勝は4月1日午後0時半に試合開始予定ですが、どうなるでしょうかね。
頑張れ、東海大四!

【2015.4.1追記】

東海大四は決勝で惜敗も大健闘の準優勝!

いや〜、ドキドキしびれる決勝戦でしたが、東海大四は惜しくも敗れて準優勝でした。

東海大四1―3敦賀気比(福井)(4月1日 甲子園)

初回に1点ずつとった後は、スコアボードに0(ゼロ)が並ぶ、緊張の投手戦でいい試合でした。

それぞれ、なかなかチャンスに1本が出ない展開でしたが、試合を決めたのは終盤の8回の裏、敦賀気比の松本選手のツーランホームランでした。

なんと、松本選手は、準決勝の大阪桐蔭(大阪)との試合で、2打席連続満塁ホームランという離れ業を成し遂げた選手ですが、ここでも試合を決めるホームランを打つなんて、ものすごい活躍ですね。

実は、8回表の東海大四の攻撃では、無死二、三塁のチャンスでスクイズが外されて失敗となり、無得点に終わったんですよね。
で、その裏のホームランでした。

それにしても、敦賀気比はいいチームでしたね。
初夏通じて福井県勢初、さらに北陸勢初の優勝となりました。おめでとうございます。

東海大四も頑張りました。北海道勢初の選抜優勝とはなりませんでしたが、見事な準優勝でした。
前評判はそうでもなかったと思うのですが、大沢投手を中心に、接戦をものにする粘り強い試合展開は見事でしたよね。

胸を張って北海道に帰ってきてください。
北海道は大盛り上がりでした。ありがとうございました!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローをお願いします