ジェファーソン・エアプレインの創設メンバーでギタリストのポール・カントナーが死去のニュース〜【追記】結成時のメンバーの女性ヴォーカリストのシグニー・トリー・アンダーソンが同日に死去

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ジェファーソン・エアプレインのポール・カントナーが死去

ジェファーソン・エアプレインの創設メンバーの一人で、ギタリストのポール・カントナー(Paul Kantner)が、2016年1月28日に多臓器不全と敗血症ショックのため死去したというニュースがありました。享年74歳でした。

ポール・カントナーは、ジェファーソン・エアプレインと後のジェファーソン・スターシップでも活躍してますね。
次のようなニュースがありました。

60年代初めサンフランシスコ、ベイ・エリアのフォーク・シーンでプレイしていたカントナーは、マーティ・バリンと出会い、バンドを結成。ジェファーソン・エアプレインとして、1966年にデビュー・アルバム『Jefferson Airplane Takes Off』をリリースした。

セカンド・アルバム『Surrealistic Pillow』(1967年)からは「Somebody To Love」「White Rabbit」など全米トップ・10シングルが誕生し、ジェファーソン・エアプレインは70年代サンフランシスコの音楽シーンでパイオニア的存在となった。
ジェファーソン・エアプレインのポール・カントナー、死去 | Jefferson Airplane | BARKS音楽ニュース

米クラシック・ロック系サイトUltimate Classic Rockが、追悼企画で「ポール・カントナーのベスト・ソング TOP10」を発表しているというニュースがありましたので、そこから、ベスト3の映像を掲載したいと思います。
情報元:「ポール・カントナーのベスト・ソング TOP10」を米Ultimate Classic Rockが発表 – amass

3.Jefferson Airplane – The Ballad of You & Me & Pooneil
From: ‘After Bathing at Baxter’s’ (1967)

2.Jefferson Airplane – Let Me In
From: ‘Jefferson Airplane Takes Off’ (1966)

1.Jefferson Airplane – We Can Be Together
From: ‘Volunteers’ (1969)

ポール・カントナー氏のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

ジェファーソン・エアプレインのシグニー・トリー・アンダーソンが死去

ジェファーソン・エアプレインの創設メンバーのポール・カントナーが死去のニュースが流れたすぐ後、もうひとつ訃報のニュースがありました。

同じくジェファーソン・エアプレインの結成時のメンバーであった、女性ヴォーカリストのシグニー・トリー・アンダーソンが死去したというニュースです。

しかも、ポール・カントナーと同じ1月28日に亡くなってます。次のようなニュースがありました。

サイトSlipped DiscやPsychedelic Sightなどによれば、ジェファーソン・エアプレイン(Jefferson Airplane)の結成メンバーであった女性ヴォーカリストのシグニー・トリー・アンダーソン(Signe Toly Anderson)が1月28日に死去。シグニーはファースト・アルバムを発表した直後、子育てに専念する為に引退/脱退。近年は長い間、健康問題を抱えていたようです。
ジェファーソン・エアプレインの結成メンバーであった女性ヴォーカリストのシグニー・トリー・アンダーソンが死去 – amass

とのことで、享年74歳でした。

シグニー・トリー・アンダーソンさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。