小樽市役所の建物は震度6強以上で倒壊の恐れがあるとのことです。市民会館や総合体育館も…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

先日発生し、相次いで震度7や6強の地震が起こっている平成28年(2016年)熊本地震、ニュースでは宇土市役所の本庁舎が一部壊れていた映像なども流れましたが、私の地元・小樽には古い建物がとても多く、小樽市役所の古さは道内でも際立っているので、心配になった市民も多いのではないでしょうか。

2016年4月20日付 北海道新聞朝刊では、北海道内の市役所の耐震性についてのニュースが掲載されていました。

その記事によると、北海道内主要12市の本庁舎のうち、震度6強以上で倒壊する恐れがあるのは、現時点で、旭川、函館、小樽、江別、千歳、室蘭、岩見沢の7市にのぼるそうです(半分以上です)。

多くは財政難などを理由に、耐震化が後回しになってきたのが現状とのことですが、中でも一番古い1933年(昭和8年)建築の小樽市役所の本庁舎は、耐震診断の結果で“6強以上で倒壊、崩壊の危険性が高い”上、改修・建替えのめどが立ってなくて、対応も検討中という、何とも不安な状況です。

ちなみに、1933年(昭和8年)建築の小樽市役所の本庁舎本館は、小樽市指定歴史的建造物にも指定されている建物なんですけどね。

blog2016-02-03 13.57.58

(別館は見た目がかなり老朽化が進んでます)
blog_otaru_DSC09025

小樽市の大規模建築物の耐震性については、今回の熊本地震に際して、小樽ジャーナルにも掲載されてまして、次のような記事がありました。

小樽市を代表する大規模建築物の市民会館・総合体育館・本庁舎本館・本庁舎別館の4件は、老朽化が進んでおり、先に行われた耐震診断の結果、震度6強で倒壊するとの衝撃的な報告がなされている。
「熊本地震」震度6強相次ぐ!小樽の庁舎倒壊か? (小樽ジャーナル http://otaru-journal.com)

ということで、市役所だけではなくて、市民会館と総合体育館もそうなんですね。

(市民会館)
blog2016-02-03 13.41.37

(総合体育館)
blog2016-04-16 13.56.24

小樽って、自然災害って昔からあまりないようで、実際、以前、小樽は震度6以上の揺れになる確率は低いという報道もあったのですが、あくまでそれは確率の話であって、災害って今回の熊本地震のように、いつ起こるかわからないですよね。

財政難とはいえ、何らかの対応がされないと、やっぱり市民としては不安です。

それにしても、大変な状況が続く熊本地震の影響ですが、被害に遭われた皆様には、心からお見舞い申し上げます。早く日常が取り戻せますように願ってます。

※関連記事
幸いにも小樽は震度6以上の揺れになる確率は低いとのことです(あくまで確率です) | ローカルブロガーのメモ帳
道央各市の市役所の老朽化が進んでいるそうで、中でも地元小樽の市役所が最も古かった | ローカルブロガーのメモ帳

※関連ブログ記事
小樽市役所は歴史的建造物〜本館正面から入ると時代は昭和に逆戻り: 小梅太郎の「小樽日記」

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローをお願いします