小樽銭函(星野町)の菓子匠「小羽茶(こばさ)」のわらび餅。プルンとした食感がたまりません

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

先日、小樽の色内町にある歴史的建造物・旧小樽商工会議所にて、素敵な雑貨が集まるイベント「2015小樽DEPARTMENT」が10月30日(金)〜11月1日(日)までの3日間限定で開催されました。

その時に、雑貨ではなくて、売っていたわらび餅が目に止まってしまい、ついつい買ったのですが、これが美味しかったんです。

blog2015-10-31 16.16.24

このわらび餅は、小樽の銭函地区の星野町にある、菓子匠「小羽茶(こばさ)」というところの商品なんですが、すいません、正直にいいますと、小樽の菓子屋なんですが、小羽茶という名前は初めて聞きました。

blog2015-11-01 01.54.29

実は、その後にネットで調べても全然出てこないので、結局、詳細は分かりません。

blog2015-11-01 01.56.39

買う時に売り場の方に聞いた話ですと、店舗は持ってなくて、物産展やこのようなイベントなどに出品しているとか。

blog2015-11-01 02.28.53

口に入れると、プルンとした柔らかくなめらかな食感で、甘さは控え目かな。
別袋にきな粉が入っていて、これを追加して食べると、一層、きな粉の風味が口に広がります。

blog2015-11-01 02.30.54

これ、もちろん初めて食べたんですが、もしまた目にしたら、また食べてたい美味しさでした。
値段は1パック500円。

それにしても、「小羽茶」(こばさ)という菓子屋が気になる…

【関連記事】
※関連ブログ「小樽日記」にてこの時のイベント記事を書いてます。
3日間限定開催の「2015小樽DEPARTMENT」に行ってきました。会場は歴史的建造物の旧小樽商工会議所: 小梅太郎の「小樽日記」

blog2015-10-31 16.29.03

※歴史的建造物の旧小樽商工会議所については、こちらの記事をどうぞ。
小樽市指定歴史的建造物の旧小樽商工会議所〜イベントで建物内にも入ることができました: 小梅太郎の「小樽日記」

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローをお願いします