「サッポロ一番 頂 トムヤムラーメン」を食べてみたら、酸味・辛味・風味となかなか本格的!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

本格袋麺商品もすっかり普通になった感があって、ラインナップも各社ブランドで出揃った感じはあるのですが、中でも「サッポロ一番 頂」シリーズは、結構色んな商品をくり出している印象があります。

ということで、今回はサンヨー食品の「サッポロ一番 頂 トムヤムラーメン」を食べてみました。

blog2015-05-18 13.17.39

まずは、“トムヤムラーメン”という商品名にひかれますが、発売は2015年5月ということで、発売されて間もないですね。

blog2015-05-18 13.17.46

袋の中には、丸い麺と粉末の特製スープがひとつ入っているだけの、インスタントラーメンらしい姿です。

blog2015-05-18 13.19.41

作り方は500mlのお湯で3分間と、標準的ですね。

あらかじめ器に特製スープを入れておくのですが、この段階で、すでにエスニックな香りが。

blog2015-05-18 13.33.00

で、麺を茹でたお湯を器に入れてスープをよく溶かし、麺を移して軽く混ぜて出来上がり。

blog2015-05-18 13.36.20

お湯を入れて出来上がると、一層香りが立ちますが、パッケージに書かれている通り、まさに“さわやかなレモングラスの香り立つ”といった感じで、いい香りです。

blog2015-05-18 13.36.53

今回もいつもの通り、具材はなしでいただきました。

blog2015-05-18 13.37.03

いや〜、写真の見た目では分からないですが、酸味と辛味がなかなか効いていて、これは結構本格的ですね。
こんなに簡単なインスタントラーメンなのに、ここまで!といった印象を受けるくらいです。

メーカー商品サイトによると、

本商品のために新開発した製麺技術によって生み出されためんは、生麺にひけをとらない強いコシとなめらかな口あたり、そして、ゆで上がりはもっちり艶やかで、厳選小麦の豊かな風味がふわっと広がる生仕立て麺です。スープは、チキンのうまみにココナッツミルクのコクを合わせ、レモングラスやコリアンダーをきかせたスパイシーで酸味のあるトムヤム風のスープに仕上げました。
サッポロ一番 | 製品情報 – サッポロ一番 頂 トムヤムラーメン 5個パック

とのことで、いつものツルツルとモチっとした麺も、さらにこの商品のために新開発されたんですね。

結構、この酸味、辛味、そして風味はクセになりそうな美味しさでしたよ。
「サッポロ一番 頂 トムヤムラーメン」ごちそうさまでした。

そうそう、5食パックの袋の裏に、パッケージ料理写真の作り方が載ってるんですよね。

blog2015-05-18 13.16.51

追加材料はエビとモヤシとパクチーで、結構簡単な作り方みたいなので、ちょっとた試してみたいレシピです。

▼「サッポロ一番 頂 トムヤムラーメン」で探す。