今さらですが「麺の力 担々麺」袋麺を食べてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

いや〜、競争激化の最近の袋麺ですが、今さらですがその一角、サッポロ一番「麺の力」の担々麺を食べてみました。

blogDSC05726

相変わらず、インスタント・ラーメンの感想を私、小梅太郎が書いた所で、それが?って感じですが、そこはまあ“ブログ”ですからご勘弁を(笑)

ということで、サッポロ一番「麺の力 担々麺」を食べてみた!です。 

今回は、サッポロ一番「麺の力 担々麺 5個パック」を買ってきましたが、個装の中には麺と担々麺スープ、特製胡麻だれが入ってます。

blogDSC05727

最初に担々麺スープと胡麻だれを、麺を茹でたお湯で溶かします。

blogDSC05729

今回は初めて食べるので、具材は何も入れずに素ラーメンでいただきました。

blog2013-05-08-12.59.31

スープはゴマの風味がなかなか効いていて、辛さもそこそこ効いてます。
スープの色がそれっぽいですね。

blog2013-05-08-13.01.33

辛さがもうちょっと欲しければ、ラー油なんかを自分で調整すればよさそうです。

実は、最初スープを口にしたときに、それほどコクがないと思ったのですが、実は底のほうにたまってました。
麺投入後もしっかりスープを混ぜるべきでした(基本ですが…)。

blog2013-05-08-13.01.10

で、麺の力のその麺はというと、最近の高級袋麺の中では、ちょっとコシが足りず力不足の感もありますが、インスタントラーメンの手軽さを考えると、十分美味しいですね。

次は袋の写真にもあるように、青梗菜やひき肉を追加して、食べてみたいです。

最後にサッポロ一番のサイトの商品紹介を引用しておきます。

スープは焙煎による香ばしい風味が特徴の練り胡麻をベースに、ポークエキスを配合し、香味野菜を加えました。豆板醤やラー油で辛みを引き立て、花山椒の香りをきかせ、すり胡麻で独特の食感を付与した、風味豊かな担々麺スープに仕上げました。極力ウェーブをつけないストレート麺は、つるつるとしたのどごしと、コシある食感が特徴です。本格的な担々麺スープに「麺の力」ならではのしなやかな中華麺がほどよく絡みます。
サッポロ一番 | 製品情報 – サッポロ一番 麺の力 担々麺

(2013.4.1 発売)