サッカーW杯の出場枠が2026年から現行の32チームからなんと48チームに拡大!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

先日からニュースがあって、本当かな!?と思っていたのですが、どうやら本当だったようですね。

サッカーW杯の出場枠が、2026年から現行の32チームから48チームに拡大することが決定したようです。

次のようなニュースがありました。

 1月10日、国際サッカー連盟(FIFA)は、スイスのチューリヒにある本部で行なわれた理事会で、2026年ワールドカップから参加国枠を現行の32チームから48チームに拡大することを決定した。
 
 イギリス・メディア『BBC』によれば、ジャンニ・インファンティーノ会長が2016年2月の着任当初から目指してきた参加国数の増大が理事会の討論の中心となり、最終的に全会一致で1998年のフランス大会以来(24→32)となる参加国の拡大が決定したという。
W杯出場枠、2026年大会から「48」に正式決定! 気になる大会方式と日程は? | サッカーダイジェストWeb

試合数は、現行の64試合から80試合に増えるそうですが、大会日程はこれまでと同様の32日間で行なうとのことなんですね。

そして、気になるのは、16チームも増えた各大陸の出場枠の割り当てです。

現状、色々と憶測が飛び交っていますが、予想として目にしたのが、アジアは8.5か国。
現在のアジアは枠は4.5ですから、かなり増えます。

日本代表的には、かつてなかなかW杯に出場できなかった時代を思うと、出場できる確率が一層高くなるのは、単純に嬉しですが、う〜ん、なんだかちょっとしっくりこないところもあります。

ヨーロッパなんかはW杯予選では、毎回厳しい出場権獲得争いがあって、実力伯仲のチームがたくさんあるからいいのですが、アジアを見ると、残念ながらW杯に出場したチームでも力的にはまだまだ見劣りするので、現状からさらに出場枠が増えると、実力的に世界との差がかなりあるチームも出場できてしまうことになるのではないかと、ちょっと心配になります。

例えば本番の大会で、アジアのチームが大差で負けるようなことが続くと、アジアの立場も悪くなりますし、大会そのものの価値が下がってしまうんではないかという懸念も生まれます。

とはいえ、参加枠は48に拡大されると決定したんですよね。
まだ色々と課題はあるようですが、決まったのなら、より一層楽しみになるレギュレーションを確立してもらいたいですね、

※参考ニュース
W杯出場枠、2026年大会から「48」に正式決定! 気になる大会方式と日程は? | サッカーダイジェストWeb
48か国参加の2026年W杯、公平性担保のためグループリーグでPK戦導入も | ゲキサカ[講談社]
FIFA、W杯の出場枠拡大を正式決定。2026年大会から48ヶ国出場に | フットボールチャンネル | サッカー情報満載!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローをお願いします