おたる水族館の国内最高齢のゼニガタアザラシ・トラ(46歳)が亡くなったというニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

おたる水族館は、小樽市祝津にある市民にも人気の水族館ですが、そのおたる水族館の日本最高齢の雌のゼニガタアザラシトラが老衰のため死亡したというニュースがありました。

5月9日(月)付 北海道新聞朝刊にも掲載されていたのですが、新聞記事によると、年齢は46歳だったとのことで、ゼニガタアザラシの平均寿命は25~30歳ほどで、人間に換算すると100歳を超す長寿だったそうです。

以下は、おたる水族館からのお知らせからの引用です。

トラは1970年に厚岸町で保護され、おたる水族館にやってきました。
晩年は視力が低下したため高齢アザラシ専用プールでのんびり暮らしていましたが、
大病を患うこともなく元気で、敬老の日の特別メニューのタコ給餌時には
誰よりも先に食べ始めるほどでした。
 
そんなトラも今年の4月下旬から徐々に食欲が減退し寝ていることが多くなり、
5月4日午前4:00に静かに息を引き取りました。
ゼニガタアザラシのトラが死亡しました。 | おたる水族館

ということで、本当に長生きしてくれたのですね。
どうぞ、安らかに眠ってください。

※写真はおたる水族館のサイトに掲載されています
ゼニガタアザラシのトラが死亡しました。 | おたる水族館
※参考ニュース:国内最高齢ゼニガタアザラシ死ぬ 雌のトラ46歳 おたる水族館 (北海道新聞) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローをお願いします