ニュースより/アジア大会陸上200m金メダリスト小池祐貴選手に小樽市が郷土栄誉表彰

今年(2018年8月29日)、インドネシアのジャカルタで開催されたアジア大会陸上男子200mで、金メダルを獲得した小池祐貴選手(23・ANA)は、小樽出身なんですよね(アジア大会陸上男子200m決勝金メダルの小池祐貴選手は北海道小樽市出身だった)。

その小池祐貴選手に11月2日、小樽市から郷土栄誉表彰が贈られたというニュースがありました。

※参照ニュース
アジア大会金の陸上小池祐貴に小樽市が郷土栄誉表彰 – 陸上 : 日刊スポーツ
アジア大会金メダリスト小池選手 郷土栄誉表彰! (小樽ジャーナル)
・2018年11月3日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄

この郷土栄誉表彰とは、新設された表彰で、小池選手が第1号とのことです。

Embed from Getty Images

小池選手は、アジア大会では200mの金メダルに続いて、1600m(4x400m)リレーでは第2走者として出場して銅メダルを獲得するという大活躍でしたよね。

ニュースによると、小樽出身の小池選手は、桜町小学校を卒業後、立命館慶祥中学校(江別)に進みそれまで野球少年だったのが、中学3年の秋頃から陸上を始め、立命館慶祥高校で本格的に陸上競技を始めたそうです。

3年生の時に、100mで10秒38、200mで20秒89の北海道高校生記録を樹立して、慶応大学へ進み、現在はANA所属です。

こちらは小樽市のFacebookページより。

小池選手のこれからの活躍に期待大ですね。東京五輪も楽しみです。応援してます!!