アメリカの永遠の歌姫・リンダ・ロンシュタットが、アメリカで最高峰の芸術賞といわれる「National Medal of Arts」を受賞したというニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

どうも、最新の音楽事情にはさっぱり疎く、音楽関係のニュースは昔よく聴いたミュージシャン中心にチェックしている小梅太郎です。

今回気になったのは、アメリカの永遠の歌姫・リンダ・ロンシュタットが、アメリカで最高峰の芸術賞といわれる「National Medal of Arts」を受賞したというニュースです。

次のようなニュースがありました。

Hasten Down the Wind

リンダ・ロンシュタットが月曜日(7月28日)、アメリカで最高峰の芸術賞といわれるNational Medal of Artsを受賞した。ロンシュタットはホワイト・ハウスを訪れ、オバマ大統領よりメダルを授与された。
リンダ・ロンシュタット、米最高峰の芸術賞を受賞 | Linda Ronstadt | BARKS音楽ニュース

このニュースについて、まず、リンダ・ロンシュタットは、現在はパーキンソン病を患い、歌手活動は行ってないんですよね。

彼女は「類まれなヴォイスと優れた音楽」に加え、「女性アーティストのために道を開いた」とその功績を称えられた。パーキンソン病を患うリンダ・ロンシュタットは、車椅子で会場に入ったが、ステージへは歩いて向かったという。
リンダ・ロンシュタット、米最高峰の芸術賞を受賞 | Linda Ronstadt | BARKS音楽ニュース

ということで、車椅子なんですね。

このアメリカで最も権威ある芸術勲章といわれる「National Medal of Arts」(全米芸術勲章)に、過去にミュージシャンとしては、ボブ・ディランやクインシー・ジョーンズ、ジェームス・テイラー、B・B・キングらが受賞いているそうです。

以上、リンダ・ロンシュタットの気になるニュースでした。

【関連記事】
アメリカの元祖歌姫リンダ・ロンシュタットの未発表曲入りデュエット集「Duets」が4月に発売されるそうです