サッカーU-20W杯韓国2017グループD 日本代表対南アフリカ代表 テレビ観戦記(2017.5.21)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

サッカーU-20W杯2017が、いよいよ5月20日(土)から韓国で始まりました。

5大会10年ぶりの出場となる、日本の初戦の対戦相手は南アフリカです。

試合は5月21日(日)17:00キックオフだったんですが、実はテレビの地上波での放送はなくて、今回はBSフジで生放送があったので、そちらでテレビ観戦しました(テレビ放送についてはこちら参考:・サッカーU-20W杯韓国2017が開催〜日本代表のグループステージテレビ放送予定は!? | ローカルブロガーのメモ帳)。

サッカーU-20W杯韓国2017グループD 日本代表対南アフリカ代表
キックオフ:2017年5月21日(日) 17:00キックオフ(日本時間)
試合会場:水原ワールドカップスタジアム

試合観戦記

アジアチャンピオンとしてU-20W杯を迎えた日本代表ですが、5大会ぶりということで、本当に久しぶりの出場なんですよね。

ただ、今のところ、大会自体あまり大きな話題に上ることがなく、15際の久保建英選手の選出は注目されてますが、正直、私も全ての選手のことを把握しているわけではないので、是非、若い日本代表の選手たちには、この大会で注目を集めるような活躍をしてもらいたいですね。

さて、試合が始まると、序盤は日本代表のほうに硬さが見られるのか、どうも南アフリカに押され気味です。

日本選手が、ボールに必要以上に突っ込んでプレスをかけすぎて、かわされて背後が手薄になるというシーンが多々みられて、ちょっと危ない雰囲気が漂っていたのですが、いきなりやられました。

前半7分、浮き球パスによてオフサイドギリギリでDFの裏を取られ、打たれたシュートは枠を外れていものの、不運にもクリアしようとしたDF冨安に当たってゴールとなっていまい、日本先制を許します。ちょっと早い失点でしたね。

その後も簡単に裏を取られるシーンが多く、ロングボールなどもスピードにちょっとついていけなくてピンチを迎えてました。

それでも徐々に日本もペースを掴みだし、シュートまで持っていくシーンも増えてきますが、FW小川らが放つシュートが枠を捉えられません。まあ、南アフリカの選手も決定的なチャンスにシュートミスをしていたので、お互い様でしたが…

日本はパスは十分繋がる、スペースも十分ある、セットプレーの優位性もあるので(南アフリカは高さはない)、得点のチャンスはありますね。ただ、決めるところで決めておかないと、というサッカーにありがちな状況に陥らないように、南アフリカのスピードに注意しつつ早い時間に追いつきたいところです。

前半は0—1と南アフリカのリードで折り返します。

待望の日本の得点シーンは、後半立ち上がり早々にやってきました。

左サイドの深いところにボールを持ち込んだ岩崎からの早い折り返しに、相手DFの前に入った小川が合わせて、コロコロと転がったボールは際どくゴールラインを割ってゴーーール!!日本、早い時間に追いつきました。さすが日本のエースですね。

後半14分には、ついに注目の久保が登場しました!
ファーストタッチはノールックでの絶妙なスルーパスで、受けた小川のシュートは相手GKの判断の良い飛び出しに防がれてしまいますが、いや〜、久保君、魅せます。

その後もお互いに決定的なチャンスを逃し続けるといった展開でしたが、後半27分、久保→堂安で逆転ゴールを決めます!

舩木からのパスを堂安がダイレクトで久保に出すと、それを左サイドに走りこんだ久保がダイレクトでノールックのマイナスのグラウンダーで折り返します。そこに待っていたのは再び堂安で、これまたダイレクトで放ったシュートが見事にゴーーール!

久保と堂安の見事な連携で、2—1と逆転です!

終盤はボールを持たれて攻め込まれる時間が長くなってしまい、せっかくマイボールになっても、ミスでボールを失うシーンが目立ったのが気になりました。もうちょっとボールを落ち着かせることができればいいですね。

その後は、DFの冨安らが体を張った守備で得点を許さず、1点のリードを守りきり、日本、大事な初戦で勝利を収めました。

おわりに

5大会ぶりの日本代表初戦は、南アフリカを相手に2—1の逆転勝利で、勝ち点3を獲得しました。

前半はかなり押し込まれましたが、後半は危ないシーンはあったものの日本ペースで、得点も小川、堂安と取るべき人が取って、初戦としてはいいできでしたね。

久保選手もさすがですね。15歳とは思えない落ち着きで、ボールを持つと何かが起きそうなワクワク感があって、それに、周りの選手との連携もいいようですね。
ただ、やっぱり球際はフィジカル的にもちょっと厳しいシーンが見られましたが、それはそれで、不要なコンタクトを避ける技術も持っているようです。

何と言っても、この後はさらなる強豪との対戦が控えているので、この逆転勝利による勝ち点3は決勝トーナメント進出に向けて勢いがつきますね。

次は中2日で5月24日(水) のウルグアイ戦です。
20:00(日本時間)キックオフで、テレビ放送は次のようになってます。
19:50~22:10 フジテレビONE(LIVE)
23:00~25:00 BSフジ(録画)

ウルグアイは南米1位での大会出場なので間違いなく強敵ですが、いい試合を見せてもらいたいですね。

※参考:
サッカー日本代表 – U-20南アフリカvs.U-20日本 -テキスト速報 – スポーツナビ
2017 FIFA U-20ワールドカップ – Wikipedia
FIFA U-20 ワールドカップ韓国2017 | JFA|公益財団法人日本サッカー協会

【関連記事】
サッカーU-20W杯韓国2017が開催〜日本代表のグループステージテレビ放送予定は!? | ローカルブロガーのメモ帳
【U-19】日本代表はU-20W杯の出場権を獲得し、初優勝という最高の結果で大会を終える〜AFC U-19選手権2016 バーレーン | ローカルブロガーのメモ帳

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローをお願いします