サッカー国際親善試合 日本代表対オマーン代表 テレビ観戦記(2016.11.11)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

サッカー国際親善試合のオマーン代表戦です。
11月15日(火)に行われる、W杯アジア最終予選のサウジアラビア代表戦に向けての、大事なテストマッチですね。

キリンチャレンジカップ2016
サッカー国際親善試合 日本代表対オマーン代表

キックオフ:2016年11月11日(金) 19時20分
試合会場:県立カシマサッカースタジアム

試合開始前の個人的な注目ポイント

(試合開始前に執筆してます)

W杯のアジア最終予選でどうも波に乗れない日本代表ですが、今日の親善試合は、11月15日(火)に控えるサウジアラビア戦に向けて、重要な試合となります。

注目はやっぱりドイツで好調を維持して、ようやく代表に呼ばれた大迫ですね。

最近、代表常連の海外組攻撃陣が、クラブで試合にあまり出られていないということもあってか、代表においても低調なパフォーマンスを続けてますから、大迫への期待は大きいですよね。岡崎と組んだ2トップとかも、見てみたいです。

そして、テストマッチということであれば、もちろん常連組のコンディション調整というのも大事でしょうが、やっぱり今回呼んでいる、若くてこれまであまり出場機会のなかった選手たちをたくさん使ってもらいたいですよね。

FW斎藤、久保、MF井手口、小林、DF植田といったところですが、出場したならサウジアラビア戦に繋がるような結果を残してもらいたいですね。

(以上は試合開始前に執筆しました)

先発メンバー

GK 12 西川周作
DF 19 酒井宏樹/DF 22 吉田麻也/DF 2 丸山祐市/DF 21 酒井高徳
MF 16 山口蛍/MF 13 清武弘嗣/MF 7 永木亮太
FW 4 本田圭佑(Cap)/FW 15 大迫勇也/FW 11 齋藤学

大迫、斎藤、きましたね!
やはり、クラブであまり試合に出てない選手と、代表で出場機会のなかった選手中心になってますね。MF永木は先発でA代表デビュー。DF丸山は初先発です。
香川はまだ右足首痛のようでベンチに、長友は体調不良でベンチ外とのことです。

試合観戦記《前半》

序盤は静かな立ち上がりで、オマーンはかなり引いて、前に出てこないですね。完全なカウンター狙いです。

守備を固めるオマーンに対して、その壁を崩したい日本ですが、どうもパスがズレますね。新しめのメンバーや、試合勘が心配されている選手中心というのもあるのでしょうが、連携が今ひとつです。

前半19分、本田の右足の早いクロスからの大迫のヘディングシュートは、ネットを揺らしたもののオフサイドの判定。けど、大迫はやっぱり調子がよさそうです。

攻めあぐねているうちに、時間はどんどん経っていくものの、徐々に斎藤側の左サイドを使って、オマーンのゴール前に迫るようになってきます、斎藤も動きがいいですね。

すると前半32分、ペナルティエリア手前左の清武からの正確なクロスに、大迫が頭でドンピシャで合わせてゴール!日本、先制です。
大迫、さっそく結果を出してくれました。

さらに前半41分、清武からのパスを中央でもらった大迫が、一度切り返してDFをかわして放ったシュートは、ゴール左に決まって日本追加点!
いや〜、大迫はゴール前で、上手かったですし、落ち着いてましたね。

前半は2—0で終了。

時間と共に、だいぶ連携も良くなってきて、パスも繋がるようになってました。
ただ、時折、カウンター攻撃を受けていたので、相手が引いているからと前がかりになった時には、注意したいですね。

それにしても、大迫は本当に好調なんですね。ゴールはもちろん、ポストプレーも効いてましたし、ボールがよく収まってました。

試合観戦記《後半》

後半開始からのメンバー交代はなしです。

後半立ち上がりから10分くらいは、FKを与えたり、ゴール前まで迫られたりと、ちょっとバタバタしましたね。

後半16分、日本は最初の選手交代は2人いっぺんにです。
大迫→FW 9 岡崎慎司/本田→FW 18 浅野拓磨
そのまま岡崎が1トップ、浅野がサイドに入りましたね。

そのすぐ後の後半19分、浅野がペナルティ・エリア内で倒されてPK獲得。キッカーは清武。
清武は冷静にこれを決めてゴール!
日本3—0とリードを広げます。

永木→MF 14 小林祐希(後半23分)
小林はそのままボランチに入りました。清武はコンディションも問題なく、相変わらずいいプレーでしたね。
清武→FW 25 久保裕也(後半26分)
久保は代表発初出場ですが、いきなりシュートを放って、積極的でいいですね。
斎藤→FW 8 原口元気(後半29分)
斎藤は動きはとても良かったので、できれば結果が欲しかったかな。
吉田→DF 6 森重真人(後半33分)

後半途中からは、攻撃的な選手が次々と投入されたものの、あまり組織的な攻撃を見られなくなってしまい、攻撃も淡白になってしまったかな。まあ、選手たちも結果が欲しいでしょうから、ちょっと焦りと固さがあったかもしれませんね。

このまま試合終了かと思われた、アディショナルタイムの後半49分、原口のクロスが相手に当たって、こぼれたところにいたのは小林。トラップ後に利き足とは逆の右足で放った小林のシュートはゴール右上に決まり、日本追加点です。

小林はいいポジションにいましたし、シュートも落ち着いてました。代表初ゴールですね。

結局、試合は4—0で終了。

おわりに

今日のオマーンは、立ち上がりから守備を固めて、さほどカウンターも鋭くなかったので、次のサウジアラビア戦の参考にはならなかったかな。
それでも、新しい選手のテストと、コンディション確認という点では、収穫があったのではないでしょうか。

結果を出したという点では、大迫と清武でしょうかね。小林も得点したので、いいアピールになりました。
それにしても、大迫はいいですね。FWらしいFWですよね。

本田はやっぱりキレがなく、ボールも収まらず、調子はよくなさそうです。最近代表に定着している浅野も、今日は消極的なプレーが多くて、あまり良くなかったですね。あと、DF丸山はちょっと判断ミスがあって、厳しいかな。

さて、本番は次です。11月15日(火)に埼玉スタジアムで行われれる(19:35キックオフ)大一番のサウジアラビア戦。

今日の内容で、ハリルホジッチ監督がどのようなメンバーを選ぶかも気になりますが、グループBで現在勝ち点7で3位の日本に対して、サウジアラビアは勝ち点10の首位なんですよね。

何としても勝って、勝ち点3をあげないといけない試合なので、頑張ってもらいたいですね。

※参考:サッカー日本代表 – 日本vs.オマーン -テキスト速報 – スポーツナビ

【関連記事】
サッカー日本代表 W杯ロシア大会アジア最終予選の2016年11月のサウジアラビア戦に挑むメンバー25名を発表 | ローカルブロガーのメモ帳