小樽の車窓から〜JR函館本線の小樽—札幌間の小樽側は列車が海沿いを走ります【動画あり】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

JR函館本線の小樽—札幌間の列車に乗ると、小樽側は小樽築港駅を出てトンネルを抜けてから、朝里駅を過ぎて銭函駅までの間、列車は日本海の海沿いを走るんですよね。

その車窓からの眺めは、小樽市民にはお馴染みの眺めなんですが、観光でこられた方々にとっては、なかなか珍しく、そして、素敵な眺めかも知れません。

この小樽ならではの印象的な眺めは、小樽に馴染みのある方々にとっては、記憶に刻まれる風景でもあるのではないでしょうかね。

例えば、小樽出身で小樽を離れている方が、故郷小樽に列車で帰ってきた時に、銭函駅を過ぎてからこの景色が車窓から見えてくると、ようやく小樽に帰ってきたと感慨深くもなり、遠くに見えていた小樽の市街地がどんどん近づいてくると、何だかソワソワしてきたりして(これが夜景ですと、なおさらです)。

反対に、再び小樽を離れる時に見るこの車窓からの風景は、しばらくは見ることができなくなる、故郷小樽を離れる寂しさが一層つのる風景でもあるんですよね。

blog2015-06-20 17.20.52

この車窓からの眺めは、季節によって随分と変わるのですが(例えば、冬は荒れた日本海)、この日は天気の良い小樽の海でした。

列車に乗って海を見ていると、途中でふと現れる大きな岩は、張碓(←小樽の海沿いにある地名)にある恵比須島です。
とても印象深いこの島(岩?)は、特に記憶に残っている方は多いのではないでしょうか。

blog2015-06-30 14.07.19movie

こちらは、張碓の海岸沿いをその恵比須島まで撮った、車窓からの動画です。

小樽の車窓からの、この小樽の海を見たくて、いくつになっても列車に乗ると、ついつい海側の窓際の席を探してしまうんですよね。

もちろん、是非、観光客の方々に、この風景を見てもらいたいです。

※以下に写真を貼っておきます。

小樽から電車に乗ると、まずは市街地を走ります。
blog2015-06-20 17.05.23

小樽築港駅前。
blog2015-06-20 17.09.43

東小樽海水浴場の海岸。
blog2015-06-20 17.11.57

blog2015-06-20 17.13.25

朝里の海。
blog2015-06-20 17.13.51

blog2015-06-20 17.14.06

張碓の恵比須島。
blog2015-06-30 14.13.06movie

銭函到着。ここで海沿いは終わりです。
blog2015-06-20 17.21.28

【関連ブログの関連記事】
続・小樽の車窓から〜写真で見る小樽の海岸線(東小樽海水浴場・朝里・張碓・銭函): 小梅太郎の「小樽日記」
小樽の車窓から〜張碓の海岸沿いの風景を恵比須島まで【動画】【追加あり】: 小梅太郎の「小樽日記」

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローをお願いします