知らなかった、Facebookページのカテゴリは後から変更できるんだ。しかも「ブロガー」という項目もある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ブログを運営している方は、Facebookページを作って、そちらにもブログ情報を投稿して、記事を読んでもらっている方は多いと思います。

私もFacebookページを作ってますが、最初に作る際に、カテゴリをどうするか悩んだ記憶があって、あちこちで紹介されているのを参考に「ウェブサイト、ブログ: 個人のブログ」としたのですが、な〜んか違和感はあったんです。

Facebook_2015-12-21_15_15_35

で、知らなかったのですが、これって、後から変更できるんですね。しかも、項目には「ブロガー」というのまであるとか。

これ、先日、普段から読ませていただいている、こちらのブログ記事で知りました。
ブログ運営者のためのFacebookページ作成方法2016(わかったブログ)
ありがとうございます。早速、変更しました。

私の場合、いくつかのブログをテーマ別に運営していて、全ての記事ではないものの、それらの各ブログの更新情報を投稿しているFacebookページというのは、特定ブログのページではなく、各ブログ情報をまとめて見ることのできる、小梅太郎というブロガーのページ、という意味合いが強いんですよね(当ブログの記事は、Facebookページには載せたり載せなかったりです)。

となると、「ブロガー」という項目があるなら、そちらのほうが良さそうですね。
そもそも、Facebookページの名前が「小梅太郎」ですから。

変更方法は、「基本データ」の「ページ情報」で、カテゴリの項目の編集をクリックすると、変更のためのプルダウンメニューが現れます。

Facebook_2015-12-21_15_17_23

Facebook_2015-12-21_15_19_24

ここで、上のメニューで「人物」を選択すると、下のメニューから「ブロガー」が選択できるようになります。

Facebook_2015-12-21_15_19_28

Facebook_2015-12-21_15_20_12

「変更を保存」をクリックすれば、変更完了です。

Facebook_2015-12-21_15_34_47

これで、Facebookページがブログのページではなく、ブロガーとしてのページといった感じになりますね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローをお願いします