2017冬季アジア札幌大会が終了。日本はメダル数74個の活躍もテレビ放送が少なくてちょっと残念…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

2017冬季アジア札幌大会は26日に閉会式が行われて、32カ国・地域の参加によって8日に渡って繰り広げられた熱戦の幕を閉じました。

日本は金メダル27個を含む計74個のメダルを獲得しましたが、アジア地域全体をみると冬のスポーツはそれほど盛んではなく、全体的なレベルも高いとはいえず、成績上位は日本、韓国、中国、カザフスタンでほぼ占められていましたね。

ただ、競技環境が整備されてない国々から参加する選手たちの懸命な姿もまた、こういう国際大会ならではの応援せずにはいられないシーンでした。

ウィンタースポーツ観戦が好きな私にとって、結構楽しみにしていたこの大会だったんですが、テレビはNHKBS1が一部競技の中継放送をしていたものの、それ以外の北海道各局ではテレビ放送がほとんどなかったのが残念でしたね。

せっかく札幌で開催されている大会で、これだけ日本選手が活躍しているのに、NHKで放送した競技以外、見るのがネットと新聞のニュース、そして、テレビのスポーツニュースのほんのわずかな時間だけでしたから。

札幌なら、地元小樽からすぐ近くなので見に行けば⁉︎って言われそうですが、小樽からだと各会場までは結構遠くて、日程と照らし合わせてもなかなかタイミングよく見に行ける競技がなかったんですよね。

けど、そんな中、25日(土)にアイスホッケー女子の日本代表「スマイルジャパン」の試合を見に行ったんです。

(会場は月寒体育館)

その日は優勝が決まる中国との最終戦で、結果6—1で勝利して、金メダル獲得の瞬間を見ることができました!

もちろん、観戦中は大興奮の大感動で、表彰式までしっかり見てきました。
アイスホッケー女子日本代表は、アジアの舞台で、初めての金メダル獲得だったんですね。

残念ながら、会場内の写真撮影はOKながら、ネットへの投稿はご遠慮くださいとのことだったので、ブログへの写真の掲載は無しなんですが、すっごく面白かったです。

(子供たちの手書きの旗が配られていて、これを振って応援しました)

すっかりファンになったスマイルジャパンですが、すでに平昌五輪出場が決まっているので、これからはにわかファンながら、アイスホッケー女子を応援していこうと思います。

ということで、2017冬季アジア札幌大会は終了してしまいましたが、現在は、フィンランドのラハティで2017年ノルディックスキー世界選手権が開催中です。

そちらも夜な夜なテレビ観戦してるんですが、もっともっと冬のスポーツが注目されるといいですね。

【関連記事】
冬季アジア札幌大会アルペンスキー男子大回転で小樽の双葉高3年の小山陽平選手が見事優勝 | ローカルブロガーのメモ帳
冬のスポーツの国際大会目白押し/2017冬季アジア札幌大会が開催中で、2月22日からは2017年ノルディックスキー世界選手権が開催 | ローカルブロガーのメモ帳