マルちゃん「やきそば弁当 激辛」を食べてみた〜北海道限定の定番カップ焼きそば「やきそば弁当」に激辛登場!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

北海道民にはお馴染み、北海道限定の定番カップ焼きそば・マルちゃん「やきそば弁当」シリーズに、激辛商品がラインナップされてます。

やきそば弁当 激辛

2017年2月6日(月)より、北海道地区にて新発売となったこの「やきそば弁当 激辛」ですが、イメージ的にはこういう一般的にとても人気のある、メジャーなブランドのシリーズとなると、激辛といってもそれほどではないのでは、と思ってしまうのですが、さてどうでしょうか。

(パッケージには注意書きも!)

まず、商品について東洋水産のニュースリリースによると、

「激辛」には、食べごたえのあるやや太めの麺に、唐辛子などの香辛料を利かせた辛口ソースを合わせました。
「やきそば弁当 旨塩」「同 激辛」 北海道地区にて新発売のお知らせ | ニュースリリース | 企業情報 | 東洋水産株式会社

とういうことで、麺はパッケージにも“ちょい太めん”と書かれてますね。
希望小売価格は180円(税抜価格)です。

ちなみに、同時に新発売となった「やきそば弁当 旨塩」につていは、これに先立って食べてこちらの記事に書いてます。
北海道限定の定番カップ焼きそばの新商品、マルちゃん「やきそば弁当 旨塩」を食べてみた

パッケージを開けてみると、中にはいつものように、液体ソースとかやくとふりかけと、そしてもちろん、やきそば弁当といえば中華スープ付です。

麺は確かに太そうですね。具材はキャベツに味付挽肉です。

熱湯を入れて3分。
そして、麺を茹でた後のお湯で中華スープ!

先ほどのニュースリリースによると、ソースはレッドペッパーを主とした香辛料を利かせているということです。

ふりかけも辛そうですが、パッケージに書かれたトウガラシパウダー入りとは、ふりかけのことか!?

さて、辛さはどんなものか、いただきます。

うっ!かなり辛いです。

もともと私は辛いものはそれほど得意ではないので(どちらかというと苦手)、激辛好きにはまだまだ物足りないかもしれませんが、人気のやきそば弁当シリーズにしては、当初の予想を超えて十分辛いです。

なんていうか、刺激の強い辛さで、食べ進めるうちに頭のてっぺんから汗が吹き出てきました。

それと、いつもは美味しい熱々の中華スープが、 辛さでヒリヒリの口の中を一層ヒリヒリさせます。

とはいえ、ヒーッ!!て言いながらも箸が進み、結局美味しくいただきました。

カロリーは1食(内容量122g)当たり、509kcalです。
あっ、以前、指摘を受けたのですが、内容量の内、麺が90gなんですが、定番のノーマルやき弁は麺100gなので、10g少ないです。

ということで「やきそば弁当 激辛」、もちろんノーマル「やきそば弁当」が定番ですが、たまに刺激が欲しい時にいいかもしれませんね。

そうそう、激辛はちょっと、という方は、「やきそば弁当 ちょい辛」という商品もありますが、そちらは本当に“ちょい”です。
今さらですが、北海道の定番カップ焼きそば「やきそば弁当」シリーズの「やきそば弁当 ちょい辛」を紹介してみる

※商品サイトはこちら:やきそば弁当 激辛 | 商品情報 – 東洋水産株式会社