アナログレコード回顧録記事ヘッダー

キャプテン・アンド・ミー/ドゥービー・ブラザーズ〜「ロング・トレイン・ランニング」「チャイナ・グローブ」を含む1973年発表の3枚目

キャプテン・アンド・ミー/ドゥービー・ブラザーズん十年前の当時のギター小僧には、ドゥービー・ブラザーズの「リッスン・トゥ・ザ・ミュージック」、「ロング・トレイン・ランニング」、「チャイナ・グローブ」のリフが格好良くて、コピーしたくてよく聴いていたものです。

ただ、カッコつけていた訳ではないのですが、その頃は、すぐに耳に入ってくるメジャーなミュージシャンのアルバムを買うのであれば、まだ聴いたことがないミュージシャンのレコードを買おうとしていました。

まだ耳にしていない素晴らしい音楽があるに違いないと、新しい発見を求めてレコードを探していたものです。
考えてみれば、生意気な話ですよね、音楽を聴き出したばかりの小僧なのに(今も、たいして知らないのですが…。まあ、見栄を張っているだけというのもあるんですけどね)。

そんな訳で、当時は既にメジャーな大物バンドだったドゥービー・ブラザーズも、なかなかアルバムには手が出なかったのですが、ある時に、ようやく買いました。

キャプテン・アンド・ミー」(The Captain and Me)


※ジャケット画像はAmazonアソシエイトより。
何と言っても、まずはこれでした。ロックの名盤ですね。

1973年発表の3枚目のアルバムで、上記の「ロング・トレイン・ランニング」、「チャイナ・グローブ」が入っていますからね。

しかし、実はこれ、私には弟がいるのですが、弟への誕生日プレゼントに買ったレコードなんです。
と言っても、結局、一緒になって聴いている訳ですから、自分が聴きたかっただけだろうと言われれば、身も蓋も無いですが…

当時のドゥービー・ブラザーズはトム・ジョンストンを中心とした、壮快なギターとストレートなバンド・サウンドを聴かせてますよね。そして、なんというか、そのサウンド自体はキッチリしている印象があります。

当時はよくウェストコースト・ロックなんていっていたと思うのですが(といってもスタイルは様々なんでしょうが…)、今回久しぶりに聴いてみあると、相変わらず壮快でした。

◆iTunes StoreでThe Captain and Me – ドゥービー・ブラザーズをチェックする。

※Amazonアソシエイトプログラム等で紹介してますが、記事中のものと同内容でない場合もあるのでご了承願います。
※この記事は旧ブログ「アナログレコード回顧録」の記事を加筆・修正したものです(2015.4.15)