2018ワールドカップロシア大会【グループD第1節】アルゼンチン対アイスランド テレビ観戦記(2018.6.16)

ワールドカップロシア大会グループDの最初の試合。いよいよメッシ擁するアルゼンチンの登場です。対するのは初出場ながら、欧州予選を首位で通過してきたアイスランドです。

アルゼンチン 対 アイスランド

キックオフ:2018年6月16日(土)22時00分(日本時間)
試合会場:スパルタクスタジアム

実力は圧倒的にアルゼンチン(FIFAランキング5位)、という印象ですが、アルゼンチンは南米予選でかなり苦戦をしたのに対し、アイスランド(FIFAランキング22位)は欧州予選を首位で通過してきたということで、やっぱり首位通過というその実力は侮れないですよね。

アイスランドは、人口約35万人の北ヨーロッパの北大西洋上に位置する小さな島国なんですが、すごいですよね。

まずは、メッシを中心としたアルゼンチンの攻撃をアイスランドがハードワークをしつつしっかり守るという展開になるでしょうね。

試合観戦記

試合開始からアルゼンチンのポールポゼッションで試合が進みます。
ただ、身長のあるアイスランドの壁は高く、そして厚い!!メッシもかなり厳しく寄せられてますね。

前半9分にアイスランドが前線でのプレスから、惜しいシュートシーンがあったのですが、これはアイスランドにもチャンスがありあそうですね。

前半19分、ペナルティエリア内でシュート性のボールを収めたアグエロが、厳しい体制から反転しながら左足で放ったシュートがゴールネットを揺らしてアルゼンチンが先制です。

メッシに厳しいマークがついているなら、その他の選手がということで、アグエロの見事なシュートでした。

これはひょっとしてアルゼンチンの一方的な試合になるかと思った前半23分、アイスランドが相手陣内でボールを左右に振って、右サイドからGKとDFの間に鋭いクロスを入ると、一旦GKに弾かれるものの、これをゴール前に詰めていたFWのフィンボガソンが合わせて、早くもアイスランドが同点に追いつきます。

いや〜、アイスランドの見事な攻撃でしたが、なんだかアルゼンチンの守備のプレスが甘いですね。クロスにほとんど詰めてなくて、自由に蹴らせてしまってました。これだとアイスランドにもまだまだチャンスがありそうです。

とはいえ、やはりその後もアルゼンチンがボールを保持して攻め続ける展開でしたが、前半はこのまま1—1で折り返します。

後半に入っても前半同様の展開ですが、時折訪れるアイスランドの攻撃時の方が、高さがあるのと、アルゼンチンのプレスが甘いのもあって、なんだか得点の可能性があるように見えますね。

しかし、攻め続けるアルゼンチンは、後半18分、メッシからの長いクロスにアルゼンチン選手がペナルティエリア内で倒されPK獲得。

もちろんキッカーはメッシでしたが、なんとこのPKをアイスランドのGKハルドルソンが横っ飛びで弾いて防ぎます!!
メッシ、痛恨のPK失敗で、勝ち越しのチャンスを逃しました。う〜ん、アイスランドの流れか!?

アイスランドの守備網がしっかりしているのもあるんですが、アルゼンチンの攻撃が相手陣内深くに入る手前でスピードダウンしてしまいます。こうなると、さすがにアルゼンチンも決定的なシーンまでは至りませんね。単純なクロスなどは、アイスランドの高さになかなか通用しません。頼みはメッシの個人技のみといった感じでしょうか。

アイスランドの気持ちのこもった守備に、アルゼンチンは決定的なシーンを迎えられずに時間が経過していきます。

アルゼンチンはは、後半39分にイグアインを投入も結局、試合は後半に動くことなく、1—1のまま引き分けで終了です。

おわりに

スタッツを見るとアルゼンチンのシュートがなんと27本で枠内8本、対してアイスランドは8本で枠内2本ということですが、スコアは1—1。やっぱりサッカーは面白い。

メッシのPK失敗はもちろん痛かったですが、アルゼンチンはどうしても攻撃がメッシ頼みになってしまい、そこが厳しくマークされると攻撃が停滞し、攻めも単調になってしまうのは否めないですね。メッシ以外にも攻撃のタレントは揃っているのですがね。

もちろん、メッシがすごいのは見ていてもよく分かるのですが、つまりはそれだけ、アイスランドの守備が素晴らしかったということですね。

アイスランドはしてやったりでしょうね。全員がハードワークするいいチームです。

※参考:アルゼンチン vs. アイスランド(グループD) テキスト速報 – ロシアワールドカップ特集 – スポーツナビ