【緊迫の試合展開】2014FIFAワールドカップ ブラジル大会【決勝トーナメント準決勝】オランダ vs アルゼンチン テレビ観戦記(2014.7.10)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

前日に衝撃的なブラジルの敗戦があった準決勝ですが、もうひとつのカードは、攻撃力はもちろん、ファン・ハール監督の采配が注目を集めるオランダと、あくまでメッシ中心を貫くアルゼンチンの対戦です。

オランダ vs アルゼンチン

キックオフ:2014年7月10日(木) 5時00分(日本時間)
試合会場:アレナ デ サンパウロ

攻撃はメッシ依存のアルゼンチンは、メッシを押さえられると打つ手がないのでは?と素人でも思わせる危うさを持ってるのですが、それを超えるメッシの凄さもあるんですよね。
とはいえ、前の試合でディ・マリアが負傷したのは、間違いなく痛いでしょうね。

対するオランダは、やっぱりロッベン、ファン・ペルシー、スナイデルの強力な攻撃陣に加え、ファン・ハール監督の采配ぶりが今大会通して注目されてますので、この試合でも何かあるのでしょうかね。

普通に考えると、元々守備力の高い両チームなので、オランダはメッシ封じを優先にして、アルゼンチンはロッベン、ファン・ペルシーを封じて、お互い堅守速攻でゴールを伺うといった、慎重な展開になると思うのですが、どうなりますでしょうか。

(以上は試合開始前に執筆しました)

試合観戦記

オランダは5-3-2で、ロッベン、ファン・ペルシーの強力ツートップです。
アルゼンチンは、前の試合で得点したワントップのイグアインの調子が上がっているでしょうか。

試合は両チームとも、かなり慎重な入りで、序盤からいきなり緊張感のある展開ですね。

前半14分には、ペナルティ・エリア手前のほぼ正面から、メッシの強烈なFKがあったものの、GKシレッセンがしっかりキャッチ。

前半中頃からは、アルゼンチンが右サイドのラベッシからの攻撃を見せる等、時折チャンスを作るシーンもあったのですが、ほとんどシュートまで持ち込めないですね。

途中、マスチェラーノが接触プレーで頭を打ち倒れ込んだシーンがあり、心配されましたが大丈夫でした。
マスチェラーノはアルゼンチンの心臓部分ともいえ、中盤での守備の要ですからね。

オランダも、スナイデルが足を痛めてピッチを出るシーンがあったのですが、大丈夫でした。
スナイデルもオランダの攻撃を支えてますからね。
そして、カイトは今日も元気です!

オランダはロッベン、ファン・ペルシーにほとんどボールが渡らず、アルゼンチンもメッシがボールを持つと数人で囲み、ほとんど自由にプレーさせない状況で、両チームとも集中した高い守備力を見せ、結局、前半はスコアレスで折り返しました。

攻撃の応酬ではなくて、守備の応酬ともいえそうな緊迫した試合で、前半45分があっという間に経ってしまいましたね。
シュート・シーンはほとんどないのに、面白い試合です。

後半開始から、オランダは前半にイエローをもらったDFインディに代わって、ヤンマートが入りました。

後半に入っても、同様の試合展開がつづき、お互い守備の集中が途切れません。
中盤でのプレスが厳しくて、相変わらずほとんどゴール前までボールを運べませんね。

オランダは後半17分、怪我から戻ったデ・ヨングに代えて、今大会初出場となるクラシーを出してきました。

後半30分、アーリー・クロスからイグアインの惜しいシュートがありましたが(実際はオフサイド?)、私が声を上げたのはそのくらいです(笑)

攻撃という点では全然攻め手のない両チームで、ほとんどシュート・シーンがない試合展開なんですが、守備の集中が途切れない、緊張感のある展開がつづき、後半もあっという間に時間が経過していきます

メッシに対しても、ロッベンに対しても、時間が経っても代わらず素早い寄せで、自由にプレーをさせないんですよね。

後半36分、アルゼンチンが一気に2枚代えで、ペレスに代わってパラシオ、イグアインに代わって怪我から戻ってきたアグエロ投入です。
アグエロがトップに入ったようです。

後半途中はオランダが保持する時間帯、終盤はアルゼンチンが保持する時間帯と、それぞれの流れの時間帯はあったのですが、攻撃には慎重で、無理には攻め込まないんですよね。

後半終了間際はオランダの攻勢で、あわやのロッベンの切り込みからのシュートというのもありましたが、これはマスチェラーノが防ぎましたね。
それにしても、マスチェラーノが効いてますね。守備での貢献は計り知れないですね。

結局、試合は90分では得点は生まれず、スコアレスで延長戦に突入です。

延長前半6分、オランダはファン・ペルシーに代えて、フンテラール。
延長前半11分、アルゼンチンはラベッシに代えて、マキシ・ロドリゲス。

延長前半はオランダの時間で、そして流れはアルゼンチンへと動くのですが、やはり得点ならず、延長後半へ。
いや〜、これはPK戦へ入りそうな展開ですね。

延長後半10分には、アルゼンチンのパラシオのヘディング・シーンもあったのですが、力なくキーパーへ。
最終盤はオランダがチャンスを作るものの、決定機は作れず。

ついに、試合は120分でも得点は生まれず、スコアレスでPK戦突入です。

オランダは前回のようなキーパーの交代は、交代枠を使い切っているのでできません。

《PK戦結果》

オランダ アルゼンチン
フラール×(止められた) メッシ○
ロッベン○ ガライ○
スナイデル×(止められた) アグエロ○
カイト○ マキシ・ロドリゲス○

いや〜、最後のマキシ・ロドリゲスのシュートは、キーパーがほぼ正面で弾いたものの、ボールはゴールに収まり、決着がつきましたね。

アルゼンチンのGKロメロは、見事に2本止めました。

結局、アルゼンチンがPK戦を4-2で制し、24年ぶりの決勝進出を決めました。

オランダは2試合連続のPK戦となりましたが、ここで敗退。
悲願のワールドカップ優勝には、またも手が届きませんでしたね。

これで、決勝はアルゼンチンとドイツとの対戦です。

この試合を見る限り、アルゼンチンの守備はかなり固いので、ドイツの強力攻撃陣もそう簡単には崩せそうにないですね。
アルゼンチンの攻撃は、やはりメッシ頼みですが、神がかりなプレーを見せてくれるのか。

いや〜、決勝が楽しみですね。

【関連記事】
※ここまでのオランダの試合
2014FIFAワールドカップ ブラジル大会【グループB】スペイン vs オランダ テレビ観戦記(2014.6.14)
2014FIFAワールドカップ ブラジル大会【グループB】オーストラリア vs オランダ テレビ観戦記(2014.6.19)
2014FIFAワールドカップ ブラジル大会【グループB】オランダ vs チリ テレビ観戦記(2014.6.24)
2014FIFAワールドカップ ブラジル大会【決勝トーナメントベスト16】オランダ vs メキシコ テレビ観戦記(2014.6.30) |
2014FIFAワールドカップ ブラジル大会【決勝トーナメント準々決勝】オランダ vs コスタリカ テレビ観戦記(2014.7.6)

※ここまでのアルゼンチンの試合
2014FIFAワールドカップ ブラジル大会【グループF】アルゼンチン vs ボスニア・ヘルツェゴビナ テレビ観戦記(2014.6.16)
2014FIFAワールドカップ ブラジル大会【グループF】アルゼンチン vs イラン テレビ観戦記(2014.6.22)
2014FIFAワールドカップ ブラジル大会【グループF最終節】ナイジェリア vs アルゼンチン テレビ観戦記(2014.6.26)
2014FIFAワールドカップ ブラジル大会【決勝トーナメントベスト16】アルゼンチン vs スイス テレビ観戦記(2014.7.2)
2014FIFAワールドカップ ブラジル大会【決勝トーナメント準々決勝】アルゼンチン vs ベルギー テレビ観戦記(2014.7.6)