富士通が株式公開買い付け(TOB)でニフティを完全子会社化すると発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

※画像は@niftyトップページのスクリーンショットより。

富士通が株式公開買い付け(TOB)でニフティを完全子会社化すると発表した、というニュースが4月28日にありました。

富士通とニフティは4月28日、富士通が株式公開買い付け(TOB)でニフティを完全子会社化すると発表した。TOB成立後、ニフティ(東証2部)は上場廃止になる見込み。クラウドなどIT事業で連携を強めることで事業拡大を目指す一方、市場が成熟するISP事業などコンシューマー事業については外部パートナーとの提携などを含めた「抜本的施策」による構造改革を検討する。
ニフティ、富士通がTOBで再び完全子会社化へ 上場廃止 ISP事業は「抜本的施策」検討 – ITmedia ビジネスオンライン

こういうニュースは、普段は当ブログではあまり扱わず、詳しい事情もよく分からないんですが、ユーザーとしては、“ISP事業などコンシューマー事業については外部パートナーとの提携などを含めた「抜本的施策」による構造改革を検討する。”という部分がちょっと気になりますね。

ISP(インターネットサービスプロバイダ)としては、大手と思っているのですが会員数が減少しているとのことです。

実は私は別ブログで、@niftyのブログサービス「ココログ」を結構長いこと使っていて、技術的に詳しくない、私のようなユーザーは、なんだかんだでブログサービスは扱いやすいんですよね。

ただ、ニフティはブログサービス自体にはあまり力を入れてない(興味がない?)ようで、かゆいところにはほとんど手が届かない(汗)、例えば、SNSとの連携が悪い、レイアウトの変更など、思ったようなカスタマイズができない、特にスマートフォン表示に関しては全くいじれない、などといった不満が多いのも事実です。

ニフティが富士通の完全子会社となった後、どのような改革が行われるのか、ちょっと注目してます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローをお願いします