元キッスのエース・フレーリーのカヴァー・アルバム「Origins Vol. 1」から映像・音源が公開されています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

最新の音楽事情にはさっぱり疎く、音楽関係のニュースは昔よく聴いたミュージシャン中心にチェックしている小梅太郎です。

今回気になったのは、元キッスのギタリスト、エース・フレーリーの初のカヴァー・アルバム「Origins Vol. 1」から、映像・音源が公開されているというニュースです。

2014年の「Space Invader」以来となるこのアルバム「Origins Vol. 1」は、4月15日にすでに発売になってます。

アルバムについては、次のようなニュースがありました。

アルバムは全12曲で、キッス、クリーム、ジミ・ヘンドリックス、ローリング・ストーンズ、フリー、シン・リジィ、レッド・ツェッペリン、ザ・キンクスなどを取り上げています。
(中略)
キッスのカヴァーは3曲。そのうち2曲はキッス時代にエースが作曲と作詞を担当した「Parasite」と「Cold Gin」。ともにスタジオ音源では、ジーン・シモンズがヴォーカルを担当していましたが、本作ではエースが歌うヴァージョンが聴けます。残りの1曲は、「Rock and Roll Hell」。この曲は、『クリーチャーズ・オブ・ザ・ナイト〜暗黒の神話』に収録されていますが、このアルバムの制作・発売当時エースはキッスを事実上脱退しており、作曲にもレコーディングにも関わっていません。
元キッスのエース・フレーリーがポール・スタンレーをフィーチャーした「Fire and Water」のミュージックビデオを公開 – amass

ということで、そのアルバムから、映像・音源が数曲公開されてます。

まず、なんと18年ぶりにレコーディングをともにしたという、ポール・スタンレーをフィーチャーしたフリーの「Fire and Water」です。
Ace Frehley – Fire And Water ft. Paul Stanley

こちらは音源で、シン・リジィのカヴァー「Emerald」で、スラッシュが参加してます。

キッス時代のセルフ・カヴァー「Parasite」。
Ace Frehley – Parasite – Origins Vol. 1

クリームのカヴァー「White Room」もやってるんですね。

ということで、キッスのほうは、ジーン・シモンズとポール・スタンレーで精力的に活動してますが、こちらエース・フレーリーも負けてませんね。

アルバムのタイトルがVol. 1ということで、続きがあるということでしょうね。

※以下の収録曲目については、Amazonの「オリジンズ VOL.1」の内容紹介からです、

1. White Room / ホワイト・ルーム (CREAM)
2. Street Fighting Man / ストリート・ファイティング・マン (THE ROLLING STONES)
3. Spanish Castle Magic / スパニッシュ・キャッスル・マジック (JIMI HENDRIX)
4. Fire And Water / ファイアー・アンド・ウォーター (FREE)
5. Emerald / エメラルド (THIN LIZZY)
6. Bring It On Home / ブリング・イット・オン・ホーム (LED ZEPPELIN)
7. Wild Thing / 恋はワイルド・シング (THE WILD ONES)
8. Parasite / パラサイト (KISS)
9. Magic Carpet Ride / マジック・カーペット・ライド (STEPPENWOLF)
10. Cold Gin / コールド・ジン (KISS)
11. Till The End Of The Day / エンド・オブ・ザ・デイ (THE KINKS)
12. Rock And Roll Hell / ロック・アンド・ロール・ヘル (KISS)