サッカー国際親善試合 日本代表対チュニジア代表 テレビ観戦記(2015.3.27)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ハリルホジッチ新監督の初陣ですね。
新監督の元、どのようなサッカーを見せるのか、新しい選手の起用も含めて楽しみです。

キリンチャレンジカップ
サッカー国際親善試合 日本代表対チュニジア代表

キックオフ:2015年3月27日(金) 19時30分
試合会場:大分スポーツ公園総合競技場

試合開始前の個人的な注目ポイント

(試合開始前に執筆してます)

今回招集された日本代表のメンバーは、ハリルホジッチ新監督になってからまだ日が浅いので、これまでの代表常連選手に加えて、代表経験者がベースになっています。

※今回のメンバーについては、こちらの記事に書きました。
ハリルホジッチ新監督、新生サッカー日本代表メンバー発表。宇佐美を選出、遠藤は落選 | ローカルブロガーのメモ帳

それもで、今回組まれている2試合の親善試合で、ハリルホジッチ監督は新しい選手、これまであまりプレーしていない選手をプレーさせたいといっているようなので楽しみです。

個人的な注目選手は、宇佐美貴史と永井謙佑でしょうかね。
慢性的に決定力不足に悩む日本代表ですが、結果を出してくれるでしょうか。

ちなみに、対するチュニジアは、この時点でFIFAランク25位ということで、日本は53位なので日本より格上です。
身長の高い選手が多いようですが、どのようなサッカーをするのかは勉強不足でよく知りません。

※参考
ハリル監督 初陣からふるい落とす!新戦力積極起用「チャンス生かして」 ― スポニチ Sponichi Annex サッカー
代表合宿から見えたハリルホジッチの志向|コラム|サッカー|スポーツナビ

(以上は試合開始前に執筆しました)

先発メンバー

GK 23 権田修一
DF 21 酒井宏樹/DF 22 吉田麻也/DF 5 槙野智章/DF 27 藤春廣輝
MF 17 長谷部誠/MF 13 清武弘嗣/MF 16 山口蛍
FW 11 永井謙佑/FW 20 川又堅碁/FW 14 武藤嘉紀

システムで言うと、4―2―3―1といった感じかな。

いや〜、それにしても、本田も香川も岡崎も外してきましたね。
最近の代表常連組では、長谷部と吉田くらいです。

ワントップは川又で、清武がトップ下。藤春は代表初選出で、初出場ですね。
GKは最近の調子を見れば、権田で順当でしょうか。

確かに、監督が言った通り、フレッシュなメンバーですね。

試合観戦記《前半》

始まってしばらくは、お互いに様子見の展開でしたが、基本的には日本のペースで試合が進んだでしょうか。

特に、右サイドで、永井絡みで時々チャンスを作ってましたが、反対の左サイドはあまり機能してませんでしたね。
武藤と藤春のコンビネーションも、もうちょっとだったかもしれません。

前半22分には、川又のクロスバー直撃の惜しいヘディング・シュートがありましたが、川又は何だかギラギラしていていいですね。

チームとしては、ボールを保持した後、縦に速いパスを出して、早い攻撃を仕掛けるという狙いは見て取れましたが、チュニジアの守備を崩すには至らず、決定的なチャンスを作れませんでした。

チュニジアはあまり激しくはこなくて、ボールを持っても、それほど仕掛けてこなかったので、攻め込まれることもあまりない前半でしたが、簡単に放り込まれたほうが、日本としては嫌だったかもしれませんね。

結局、前半は日本のペースながら、見せ場は少なく、0—0のスコアレスでした。

試合観戦記《後半》

後半開始からのメンバー交代はありませんでした。

後半は、チュニジアも少しずつ圧力をかけてきたようですね。

後半15分、選手交代ででできましたよ〜
MF 13 清武弘嗣→MF 10 香川真司
FW 11 永井謙佑→FW 4 本田圭佑

ポジションもそのままの交代で、香川がトップ下ですね。
この2人は、これまでの中心選手としての違いを見せてもらいたいところですね。

と思っていたら、香川、本田が加わってすぐに、細かいパス回しを絡めて、攻撃が活性化した感じです。

何だか、周囲もつられて動きがよくなってきたでしょうか。
後半22分の、山口からの速いパスを藤春がダイレクトで折り返し、川又のシュートに繋がったシーンは綺麗でしたね(シーンはミートしませんでしたが…)。

後半27分、さらに2選手が交代です。
FW 20 川又堅碁→FW 9 岡崎慎司
FW 14 武藤嘉紀→MF 30 宇佐美貴史

で、いよいよ出てきました、エースの岡崎と、楽しみな宇佐美です。

すると、後半33分、香川が左の本田へ出したパスはやや流れたものの、それを本田が無理な体勢ながら折り返すと、ファーに走り込んだ岡崎が頭で合わせてゴーーール!日本ついに先制です!

岡崎はさすがですね〜!頼りになります。
本田のクロスも体勢を崩しながらも正確でした。

さらに、後半38分、宇佐美のヒールパスから岡崎が左の香川へ出して、香川からの折り返しをキーパーが弾いたところに、本田が詰めてゴール!日本、追加点です!

交代で入った、代表常連組が見せますね。

後半39分、選手交代です。これで交代枠6人を使い切りました。
MF 16 山口蛍→MF 15 今野泰幸
DF 21 酒井宏樹→DF 2 内田篤人

内田は怪我は大丈夫なのかな?ちょっと心配ですが、安定感抜群の今や日本最高のSBですからね。
それにしても、内田の名前がアナウンスされたら、黄色い声援が凄かったですね。これはこれでさすがです。

後半44分には、香川からの絶妙なスルーパスを受けた宇佐美の、ポストに当たる惜しいシュートがありました。
これ、キーパーがちょっとだけ触っていたんですよね。入ったと思ったんだけどな〜

宇佐美はよく動いてたし、落ち着いてましたね。

結局、試合はこのまま2—0で終了

後半は、チュニジアの足が止まった感はありましたが、ハリルホジッチ新監督の初陣を勝利で飾りました。

おわりに

これまでの代表常連組が、やっぱり存在感を示した試合でしたね。
まあ、だからこれまでも代表に呼ばれ続けているわけですよね。

けど、前半はフレッシュな選手たちも頑張っていたので、常連組に火をつけた感じでしょうか。

あと、当然新しい監督で意識してなのでしょうが、無駄な横パスを減らして、縦への早い展開を意識しているようで、試合が面白かったです。

特に、本田、香川、岡崎の常連組が揃ってからは、ワンタッチ、ツータッチの早いパス交換も多く見られて、宇佐美も含めて今後が楽しみです。

さて、次は31日のウズベキスタン戦です。

次は期待の柴崎や、常連ながらこの試合は出番がなかった森重らが出場するでしょうが、この試合に続いて、だれが使われるかも気になるところですね。

おまけ

A代表の試合の前ですが、リオ五輪のサッカーアジア1次予選を兼ねた、U-23(23歳以下)アジア選手権予選がマレーシアで始まり、U-22(22歳以下)日本代表は初戦のU-22マカオ代表との試合がありあました(会場:シャー・アラムスタジアム)。

手倉森誠監督率いるU-22日本代表は、主将の遠藤(湘南)の先制点から、前半は4得点。
後半は、集中力が欠けてきたのか、今ひとつのできでしたが、途中出場の南野(ザルツブルグ/オーストリア)も最後に決めて、結局、試合は7—0の大勝でした。

ただ、点差の割には、何だかミスも多くてもどかしい試合展開だったんですよね。

U-23(23歳以下)アジア選手権1次予選は10組に分かれて1回戦総当たりで、日本は29日に三浦俊也監督率いるベトナム、31日に開催国マレーシアと対戦します(中1日の強行日程ですね)。

来年1月にカタールで開催される、リオ五輪最終予選を兼ねたU-23アジア選手権本戦には、この予選の各組1位と2位の成績上位5チームに加え、開催国カタールの計16チームが出場できます。

ただ、五輪アジア枠はそこから3枠と、とても厳しいんですよね。
何とか、若き日本代表には頑張ってもらい、6大会連続10度目の五輪出場を獲得してもらいたいですね。

参考:日本、マカオと対戦=遠藤、鈴木らが先発出場―サッカー五輪予選 (時事通信) – Yahoo!ニュース