サッカーW杯ロシア大会 アジア最終予選 日本代表対タイ代表 テレビ観戦記(2017.3.28)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

サッカーW杯ロシア大会アジア最終予選、タイ代表との試合です。
先日、厳しいアウェーでのUAE代表との試合で勝利をおさめた日本代表ですが、その勝利を無駄にしないためにも、ホームでのこの試合は勝ち点3が必須ですね。

サッカーW杯ロシア大会 アジア最終予選 日本代表対タイ代表

キックオフ:2017年3月28日(火) 19時35分
試合会場:埼玉スタジアム2002

試合開始前の個人的な注目ポイント

(試合開始前に執筆してます)

UAE代表との試合で、いい内容で勝利を収めた日本代表でしたが、直前に代表を負傷離脱した絶対的キャプテン・長谷部の代役としてそれ以上の活躍を見せた今野と、ここ最近は前線で安定した強さと上手さを見せていた大迫の2人が、試合後に負傷離脱してしまったのはかなり痛いですね。

代役のボランチとしては、遠藤航が追加招集されてますが、例えば酒井高徳は最近クラブでボランチもやってます。
ただ、もともとUAE戦で今野はインサイドハーフのようなポジションだったので、ある程度引いてくると思われるタイに対して、攻撃的な清武を香川とインサイドハーフとして並べるのも面白いかもしれませんが、はたして、ハリルホジッチ監督は、どのようなメンバーで臨みますか。

(以上は試合開始前に執筆しました)

先発メンバー

GK 1 川島永嗣
DF 19 酒井宏樹/DF 22 吉田麻也/DF 6 森重真人/DF 5 長友佑都
MF 16 山口蛍/MF 10 香川真司/MF 21 酒井高徳
FW 14 久保裕也/FW 9 岡崎慎司/FW 8 原口元気

前の試合からは、負傷離脱の2人だけを代えてきましたが、今野の代わりは酒井高徳でしたね。そして、大迫の代わりは岡崎です。

試合観戦記《前半》

開始早々、タイがDFラインも高く前からきていて、予想と違って全然引いてませんね。
そのタイの圧力に日本はパスミスも出て、序盤は押され気味です。

そんな押され気味の前半8分、森重がサイドの久保にロングボールを出すと、久保がこれをキープ。
久保がグラウンダーのクロスを送ると、中央やや外側で受けた香川が、シュートフェイントでDFを上手く交わし、落ち着いて放ったシュートがゴーーール!

序盤、積極的にきたタイの出鼻をくじく、素晴らしい香川のシュートで、日本代表先制です。
日本代表は、最初のチャンスをものにしました。

ただ、先制を許したタイもその後変わらず前目にプレスをかけてきます。
技術はしっかりしてるので、ボールを余裕をもって持たせると、ちょっと厄介です。

あまりシュートチャンスがない日本ですが、前半19分、右サイドでボールを受けた久保がトラップ後に素早くあげた早いクロスに、ニアサイドでDFの前に入った岡崎が頭で合わせてゴーーール!

少ないチャンスをまた生かしましたが、さすが岡崎です。それに、久保のクロスも良かったですね。
岡崎はこのゴールで代表通算50得点となってます。

2点とリードを広げた日本ですが、その後もシュートチャンスは少なく、反対に前半の終盤はタイの攻撃を受け始めますが、川島の好セーブなどがあって、何とか前半は2—0と無失点で終了しました。

いや〜、前半を見ていて、2得点はしたものの何だか日本代表のもたつきが目につきましたね。

パスの出しどころを探すシーンが目立ったのが気になりますし、横パスのミスが結構多いので、ミスのないように集中してもらいたいですね。

試合観戦記《後半》

後半開始からのメンバー交代はありません。

後半が始まっても、タイの攻勢が続いてますね。
タイはスピードもあるので、日本選手がサイドで振り切られることも多いんですよね。

日本のDFラインの4人がそろって集中力が欠けているようなプレーも見られて、何とかこの時間帯を耐えてもらいたいですが、いや〜、それにしてもタイは積極的にきますね。

この劣勢のいや〜な流れを断ち切ったのが、ノリに乗っている久保でした。

後半12分、前線でスローイングを受けた久保は、スルスル〜っと中にボールを運んで相手DFの間にシュートコースを見つけると、左足でパチンと弾くように放ったシュートは一直線にゴール右隅に突き刺さり、日本追加点です!

いや〜、久保は素晴らしいですね。これで1ゴール2アシストですかね。
この追加点で、ミスが目立った中盤やDFラインも落ち着けるのではないでしょうか。

後半21分、日本最初の選手交代です。原口→FW 4 本田圭佑
本田がそのまま左サイドに入ってますね。珍しいですね。

さらに、後半29分、香川→MF 13 清武弘嗣
香川はゴールもあげて、動きも良かったです。

ただ、その後、日本はほとんどチャンスらしいチャンスがないんですよね。
タイはなおもプレッシャーをかけ続けて、時折ゴール前まで迫ってきます。タイの選手たちもタフです。

試合運びとしては、なかなかうまく行かない日本でしたが、後半38分、清武のCKに吉田がタイミングばっちりに、GKと相手DFの前で頭で合わせてゴーーール!

吉田がいい位置取りで高かったですね。清武のキックもいいところに蹴って、さすがに精度が高いです。
なかなかゲームをコントロールできずにもどかしい展開の中でも追加点を奪えたのは、今後の得失点差を考えても大きいですね。

久保→FW 11 宇佐美貴史(後半39分)
何だか、宇佐美を見ること自体久しぶりですが、何か結果を出してもらいたいですね。宇佐美が左、本田が本来の右に回りました。

そのすぐ後の後半40分、このまま無失点でと思っていたところ、簡単にクロスを入れられた日本のゴール前で、クリアをしようとした長友が滑って空振りして転んでしまい、次のプレーでボールに寄せていた相手選手を体こと倒してPKを与えてしまいます。

う〜ん、とっさに体ごといってしまったのでしょうが、それ以前に簡単にサイドをかけ上がられて、簡単にクロスをあげられすぎですね。右に本田が回ったばかりでしたが、酒井宏樹も中に入ってましたね。

さて、こうなるとGK川島に期待ですが、なんと、これを見事に川島がPKストップ!!
川島渾身のガッツポーズ!これは大きい!

日本は最後まで点を取りに行ってましたが、結局、試合はこのまま4—0で終了。

日本、必須の勝ち点3をしっかり獲得しました。

おわりに

結果だけを見ると快勝ですが、決して、ゲームを支配していた試合ではなく、内容としてはあまりにミスが多いひどいものでした。

ただ、思うようにゲームを支配できない中でも、チャンスをものにした今日の日本代表は、珍しく決定力があったと言えます。
反対に、シュートもかなり打ったタイの決定力がもうちょっとだけあったら、危なかったですよね。

まあ、内容はもちろん大事ですが、今日に関しては勝ち点3を得たということが重要で、しかも4—0という点差は今後の得失点差を考えてもよしとしたいところです。もちろん、課題は課題としてですね。

気になったところとしては、横や後ろに出すパスが多い上、そのパスがミスになることが多くて、そこからピンチになってました。

そもそも選手たちの球離れが悪いというか、パスの出しどころがなかなか見つけられないというのは、各選手の距離感、ポジショニングが悪いとか、動き出しが少ないといった感じなのでしょうね。

特に、中盤のボランチのところでボールが落ち着かせることができなかったように見えたのですが、今回は酒井高徳が急遽ボランチに入ったので、やむを得ないでしょうかね(守備にはよく走ってました)。個人的には、今日のような試合に中村憲剛がいたらな〜って、思って見てました。

選手では、香川はよく動いていて、守備の意識も高く、得点も決めてと復調してますね。
そして、PKを止めるなど、この2試合で素晴らしいセーブを連発した川島も復活ですね。試合前は試合勘を不安視されてましたが、ぜひ、クラブチームでも試合に出られるようになってもらいたいです。

そして、何と言っても久保ですね。救世主です。
久保のボールが渡ると何かが起きそうな雰囲気でした。

ということで、この結果で日本は勝ち点16となり、この後に行われたサウジアラビアがイラクに1—0で勝利して、勝ち点では日本と並んだものの、得失点差で日本が最終予選グループBの首位にたってます。
3位には、UAEに勝ったオーストラリアが勝ち点13でつけていて、実質この3チームの争いになりそうです。

日本代表の次戦は6月13日、アウェーでイラクとの対戦です。
まだまだ厳しい戦いが続きますが、日本代表には頑張ってもらいたいですね。

※参考:サッカー日本代表 – 日本vs.タイ -テキスト速報 – スポーツナビ

※アジア最終予選は、12チームが6チームのABの2組に分かれて、ホーム&アウェーの総当たりで試合をして、各組上位2チームが無条件でW杯出場権を獲得します。そして、各組3位同士はホーム&アウェーでプレーオフを行い、勝者が北中米カリブ海最終予選4位のチームと大陸間プレーオフに臨むことになります。