エリック・クラプトン研究書の邦訳版「エリック・クラプトン全活動記録 1963-1982」の発売が決まったというニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

最新の音楽事情にはさっぱり疎く、音楽関係のニュースは昔よく聴いたミュージシャン中心にチェックしている小梅太郎です。

今回気になったのは、エリック・クラプトン研究書の決定版「ERIC CLAPTON DAY BY DAY ; 1963-1982」の邦訳版「エリック・クラプトン全活動記録 1963-1982」が、リリース決定したというニュースです。

次のようなニュースがありました。

エリック・クラプトン(Eric Clapton)が音楽キャリアを開始した1963年から1982年までの全コンサート/レコーディング・セッション記録を中心に、自身や関係者の証言も交えて構成。クラプトン研究書『ERIC CLAPTON DAY BY DAY ; 1963-1982』の邦訳版がリリース決定。『エリック・クラプトン全活動記録 1963-1982』の邦題でシンコーミュージックから3月30日発売予定。
クラプトン研究書の邦訳版『エリック・クラプトン全活動記録 1963-1982』が発売 – amass

とういうことで、著者はクラプトン専門家のマーク・ロバーティで(私は知らないのですが、マニアにはお馴染みだそうですね)、現在判る限りの情報をまとめた執念の一冊だそうですよ(翻訳:前 むつみ )。

B5判/400頁の予定で、シンコーミュージックから3月30日発売予定ですが、感じとしては、やっぱりマニア向けの書籍でしょうか。

あれ?“1963-1982”の期間だけ?と思ったら、先ほどの参考サイトによると、続編となる「1983-2015」も第2弾として制作中とのことでした。

クラプトンも活動が長いですからね。
しかも、ほとんどが第一線での活躍で、情報も膨大になるでしょうから、さすがに一冊にはまとまらないのですね。