クイーン、フレディ・マーキュリーの伝記映画「ボヘミアン・ラプソディ」の予告編映像が公開されています

※画像は映画『ボヘミアン・ラプソディ』公式サイトのスクリーンショットより。

クイーンフレディ・マーキュリーの伝記映画「ボヘミアン・ラプソディ(Bohemian Rhapsody)」の日本版予告編映像が公開されています。

伝説のバンド<クイーン>
彼らの音楽を唯一超える
<彼>の物語ー。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』公式サイト 2018年11月9日(金)全国ロードショー

映画「ボヘミアン・ラプソディ」の日本公開は2018年11月9日(全米公開は11月2日)です。

フレディ・マーキュリー役は、「Mr.Robot/ミスター・ロボット」でエミー賞受賞のラミ・マレック、ブライアン・メイ役はグウィリム・リー、ロジャー・テイラー役はベン・ハーディ、ジョン・ディーコン役はジョゼフ・マゼロ。監督は「X-MEN」シリーズ、「ユージュアル・サスペクツ」のブライアン・シンガーです。

クイーンのブライアン・メイとロジャー・テイラーが音楽総指揮を務め、劇中ではクイーンの楽曲が32曲使用されているとのことです。

どのようにして、あの楽曲の数々が生まれてきたのか、クイーンの知られざる真実も語られるということで、この映画はなんとも気になりますね。

※こちらは5月15日に公開の特報映像。

※参考サイト:フレディ・マーキュリーの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』 日本版予告編映像が公開 – amass