高畑充希さんが港で熱唱するドコモのCMロケ地はひょっとして小樽港!?ということでその場所に行ってきた!!

最近、女優の高畑充希さんが、X Japanの「紅」を熱唱するドコモのCMが話題になってますよね。

夕暮れの港に立って、iPhone Xを手に熱唱する高畑さんの歌が本当にうまくて…
って、あれ?この港と向こうの背景、どこかで見たことあるような!?

高畑充希さんが港で熱唱するドコモCMのロケ地は小樽港!?

まずは、こちらがその話題のCM「紅の空に」篇です。

さて、この高畑充希さんが熱唱しているCMのロケ地についてなんですが、ここは私の地元・小樽ではないかという声が上がっていて、ほぼ間違いないといわれてます。

私も街歩きをよくしていることもあってか、このCMを目にした時、あれ?この背景は見覚えが!?あれ?小樽じゃない!?って思ったのですが、私の周りでも、同じようにこのCMを見て小樽ではないかと思った方が結構いたようなんです。さらに、Twitterなどのネット上でも、この場所は小樽だという投稿が見られようになってきたんですよね。

では、撮影されたのは小樽港のどこなのか?ということで、高畑充希さんが熱唱している場所を探しに行ってみましたよ。

ロケ地と思われる小樽港のその場所に行ってきた

私は地元・小樽の地域ブログを書いていることもあり、このCMを見て小樽では!?と思った際に、大体の場所の目星がついていたので、そこに向かって行ってみたのですが、ここですね!?

場所は小樽築港で、ウイングベイ小樽の東側(海を見て右手)の岸壁です。
再び、CMの動画を見てみると…

上の撮影してきた写真には船が泊まってますが、おそらく同じ場所ですよね。背景は手宮方面になりますね。

小樽港には埠頭がいくつもあって、どこの岸壁から見た風景なのかという点について、決め手は熱唱する高畑さんの前の港の見晴らしがよく、背景の手宮方面が綺麗に見渡せるのと、もう1つの決め手が、高畑さんを正面から撮影したシーンの背景に写っている建物です。

改めて動画を見てみると分かるのですが、ぼやけながらも高台に建っている建物が写ってます。それがこちら。

ここは平磯岬の高台で、その上に建つのは歴史的建造物を活用した高級旅館の銀鱗荘ですね。これも場所特定の決め手の1つになります。

ということで、高畑充希さんが港で熱唱するドコモCMのロケ地について、ほぼ、小樽港のこの場所で間違いないと思うのですが、どうですか?

(だいたいこの辺りです)

【関連ブログの関連記事】

平磯岬の高台に建ち、その豪華さがひときわ目を引く高級旅館の銀鱗荘は、小樽市指定歴史的建造物の旧猪俣邸です。元々は余市に建てられたこの鰊御殿が、この場所に移築されたのは、昭和13年のことです。