サッカー女子ワールドカップ カナダ2015 日本代表なでしこジャパン対イングランド代表【準決勝】 テレビ観戦記(2015.7.2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

いや〜、大会に入ってとにかく勝負強さを見せ、ここまで勝ち上がってきた、なでしこジャパン。
準決勝の対戦相手はイングランドです。

サッカー女子ワールドカップ(W杯)カナダ2015【準決勝】
日本代表なでしこジャパン対イングランド代表

キックオフ:2015年7月2日(木) 8:00(日本時間)
試合会場:エドモントン・コモンウェルス・スタジアム

FIFAランク4位のなでしこジャパンに対して、6位のイングランドですが、実は、イングランドはなでしこが過去1度も勝利したことがない相手なんですね。過去4度対戦し、2分け2敗。

前回大会では、グループリーグで0—2でと唯一の黒星を喫してますが、今大会ではしっかり勝って、決勝に進出してもらいたいですね。

ちなみにもうひとつの準決勝では、アメリカがドイツを破って決勝進出を決めてます。今大会もアメリカ強いです。

先発メンバー

GK:海堀あゆみ
DF:有吉佐織、岩清水梓、熊谷紗希、鮫島彩
MF:川澄奈穂美、阪口夢穂、宇津木瑠美、宮間あや
FW:大野忍、大儀見優季

決勝トーナメントに入って、3戦連続同じメンバーですね。
ちょっと疲労の具合が心配ですが、今大会は控え選手も充実しているので、先発メンバーには思い切ってプレーしてもらいたいですね。

交代メンバーでは、やっぱり、澤さんと岩渕に期待してます。

試合観戦記《前半》

試合開始から、イングランドの圧力に押し込まれるシーンが多く見られ、なかなかなでしこにボールが収まらない状況が続きます。

なでしこがボールは持っても、なかなかパスを繋げず、シュートまでももっていけませんね。

いや〜、それにしてもイングランドはフィジカルが強いですね。ロングボールも多用してくるので、守備は集中してもらいたいです。

少しずつ、なでしこもリズムをつかみ出すものの、両チームとも決定的なシーンを作れないまま、一進一退の展開が続く中、前半31分、阪口からのロングフィードに抜けた有吉が、ペナルティーエリア内で相手倒されてPK獲得。

これを宮間が冷静にきっちりゴール左に決めて、日本待望の先制です!(前半33分)

それにしても、宮間選手、駆け引きなのかなかなか蹴りませんでしたね。

しかし、前半39分、イングランドのCKからの混戦で、ペナルティエリア内で大儀見が相手選手を倒してPKを与えてしまいました。

相手選手の足を踏んだようで、ちょっと厳しい判定にも見えますが、PKをもらった後は、得てしてPKを取られやすいというのは、よくあることですね。
これをしっかり決められ、1—1と試合は振り出しに戻りました(前半40分)。

前半はこのまま1—1で終了。

なかなかペースをつかめなかった前半のなでしこですが、パスがちょっとずつズレて、動きにもあまりキレがないように見えたのが心配ですね。
疲労もあるでしょうが、選手交代を含めて、後半に期待です。

試合観戦記《後半》

が、後半開始からのメンバー交代はなしです。

前半同様、なでしこはなかなか攻撃の形を作れないものの、イングランドのロングボール主体の攻撃にはしっかりと対応してます。

しかし、後半17分、イングランドのクロスバーにあたるミドルがあり、続けて後半19分、自陣でボールを奪われシュートを打たれ、さらにCKからピンチを迎えるという、イングランドペースの厳しい時間が続きます。

なでしこは、なかなかパスが繋がらず、イングランドに攻め込まれる時間帯ですね。
どうでしょうか、疲れからか動きが落ちてきたでしょうか。

後半25分、ここで前の試合で待望のゴールをあげ、ここにきて切り札的になってきた、期待の岩渕真奈投入です。

岩渕は交代してから、ドリブルなどのいい動きでシュートを放つなど、チャンスを生み出していきます。

後半ほとんどイングランドのゴールに攻め込むことができず、イングランドに傾きかけていた流れを岩渕投入で引き戻しましたが、なでしこペースまでとはいかず、お互いゆずらず試合は終盤に。

日本は交代枠を2枚残していて、佐々木監督は延長を見据えていたかもしれませんが、選手は集中してましたね。

このまま延長戦突入かと思われた、後半アディショナルタイム(後半46分)に、なんとドラマが待ってました。

右サイドの川澄が低めのアーリークロスを入れると、これが相手選手のオウンゴールを誘い、なでしこなんと、なんとアディショナルタイムに勝ち越しゴールです!

イングランドの選手たちにはちょっとかわいそうでしたが、川澄からのクロスも素晴らしかったです。

そして、試合はこのまま2—1で終了。

なでしこ、見事に勝利を収め、2大会連続の決勝進出です!
おめでとうございます!

おわりに

いや〜、この準決勝も厳しい試合でしたが、ここでも勝負強さを見せてくれました。
そして、本当に決勝まできましたね。なでしこ凄いです。強いです。

もちろん、選手たちは大会前から連覇を目指していたでしょうが、正直、決勝までくるのは厳しいかとも思っていました。大変失礼しました。

試合後のインタビューでは、選手たちが冷静なのが印象的でしたが、選手たちは、決勝進出を信じてたんでしょうね。

先発メンバーが3戦続けて同じで、選手の疲労が心配されますが、それを考えると。延長に入らなくてよかったですね。

スーパーサブの岩渕は好調を維持してますし、澤さんも控えてます。
先発メンバーの中では、ちょっと大儀見が元気ないのが気になりますが、エースには決勝で爆発してもらいたいですね。

連覇まであとひとつ。
決勝の対戦相手は、前回大会、ロンドン五輪に続き、三たびアメリカです。

スピードとテクニック、そしてフィジカルを兼ね備えたアメリカは、確かに現在の最強チームかもしれませんが、もう最後ですから、なでしこには、これまで通り粘り強く、そして思いっきりやってもらいたいですね。

決勝戦は、7月6日(月)8時(日本時間)キックオフ予定です。

いや〜、ついに決勝です!すごいぞ!なでしこ!