サッカー女子ワールドカップ カナダ2015 日本代表なでしこジャパン対アメリカ代表【決勝】 テレビ観戦記(2015.7.6)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ついに、ついにここまで来ました、なでしこジャパン。
いよいよアメリカ代表との決勝です!

サッカー女子ワールドカップ(W杯)カナダ2015【決勝】
日本代表なでしこジャパン対アメリカ代表

キックオフ:2015年7月6日(月) 8:00(日本時間)
試合会場:バンクーバー BCプレイス・スタジアム

大会前は、正直連覇はかなり難しいと思ってましたが、なんとあとひとつというとこまで来ましたね。
ただ、最後の壁がとてつもなく高く厚く大きい、アメリカ代表です。

今大会のアメリカ代表の試合を何試合か見ましたが、FIFAランクこそ1位のドイツに次ぐ2位ですが、実力的には現在の女子サッカーの頂点に君臨しているのではないでしょうか。

従来のスピードとパワーに加えて、テクニックや組織力にも磨きがかかって、なでしこジャパンと比べると、レベルが一段高い印象です。

ただ、なでしこジャパンの今大会における粘り強さ、勝負強さもまた、神がかっているとも言えるレベルで、守備の集中さえ切れなければ、かなりいい試合ができるのではと思うのですが、さて、どうなりますか。

いい試合を期待してます。そして、是非、優勝を!

(以上は試合開始前に執筆しました)

先発メンバー

GK:海堀あゆみ
DF:有吉佐織、岩清水梓、熊谷紗希、鮫島彩
MF:川澄奈穂美、阪口夢穂、宇津木瑠美、宮間あや
FW:大野忍、大儀見優季

決勝トーナメントに入って、不動のメンバーになりました。4戦連続同じメンバーですね。

各選手のコンディションが気になりますが、この試合も、後半に全体の運動量が落ちてきたところでの岩渕の起用がポイントになりそうです。そして、澤さんの出番もやってきそうですね。

先発では、ここまで1得点はしているものの、なかなか目立った活躍ができていない、エースの大儀見に爆発してもらいたいですね。
ベンチには、初戦で怪我をした安藤も戻ってきてます。

まずは、前半立ち上がりに集中してもらいたいですね。
それにしても、完全アウェーですね。アメリカの声援がものすごい。

試合観戦記《前半》

といっていたら、開始早々前半3分、右からのクラウンダーのCKにダイレクトに合わせられ、あっという間に失点。
さらに前半5分、右からの低いFKからゴールを割られ、なんと早くも2失点です。うわ〜

どちらもゴールを決めたのはロイドですが、ロンドン五輪の2失点もロイドでしたね。

どちらのセットプレーも低い弾道のボールに合わせられましたが、それは日本対策だったのか、選手たちには予想外だったかも。それにしても、心配していた立ち上がり、立て続けの2失点は痛いですね。

なでしこに明らかな動揺が見られ、パスミスが目立ちますが、何とかここで一旦落ち着いてもらいたいですね。

しかし、アメリカは攻撃の手を緩めずに、前半14分、岩清水のクリアミスでボールが浮いたところをホリデーにいち早く詰められ、これをダイレクトで決められて、何と3失点目。

さらに、前半16分、パスミスでボールを奪われた後、ロイドがセンターライン付近から放った超ロングキックが、前に出ていたGK海堀の頭を越えてゴールネットを揺らし、なんと4失点。ロイドは早くもハットトリックです。どうにもロイドを捕まえきれません。

ここでアメリカはさすがにペースを落としましたが、その後もアメリカのスピードと技術についていけず、なでしこらしいパスワークが見られず、なおも厳しい展開です。これ以上の失点は防ぎたいですね。

しかし、次第になでしこもボールを保持できるようになり、少しずつリズムも生まれ始めた、前半27分、川澄の右からのクロスを大儀見が中央で受け、DFを上手くかわして放ったシュートがゴールネットを揺らし、なでしこ1点返しました。大儀見、上手かった〜!

ここで佐々木監督、前半33分に早くも選手交代です。
しかも、なんと岩清水を下げて、澤穂希投入。阪口がDFラインに下がりましたね。岩清水、ミスからの失点もあり、ちょっと集中できてなかったでしょうか。

さらに前半39分、川澄に代わって菅沢優衣香投入です。大野がサイドに入りましたが、佐々木監督、前半から2枚のカードを切ってきました。
思い切った交代かもしれませんが、4失点してるんですから、何か思い切った策を打たないと、この状況は打破できないかも。最後の決勝戦ですからね、

前半は、このまま1—4で終了。

いや〜、心配していた立ち上がりにやられてしまいましたね。
最初のCKからの失点で浮き足立ったところを、アメリカに畳み掛けられました。

疲れなのか、なでしこは寄せも甘く、パスミスも多かったですね。
対して、アメリカは一歩の出足が速くて、プレーも正確で、なでしこの自由にはさせてくれませんでした。

なでしこは、3点目、4点目がミスからの失点だったのは悔やまれますが、守備で集中した粘りができないと、こういう試合展開になってしまうのでしょうね。

見ているのも辛い前半でしたが、なでしこらしく、最後まで諦めず、後半は粘りを見せてもらいですね。

試合観戦記《後半》

後半早めに1点を返したいなでしこは、後半7分、宮間のFKから、澤さんが競ったボールがそのままゴールラインを割って、なでしこ2点目です。記録はオウンゴールでした。

これは希望が見えてたか!
しかし、こうなると、アメリカも再びエンジンをかけてきた感じで、そのすぐあとの後半9分、CKが流れて折り返されたところをヒースに直接ゴールネットを揺らされ、せっかく2点差したのも束の間、2—5とまた差を広げられました。あ〜

ここまで試合を通して、どうにもマークがズレてしまうようですね。サイドも自由にされてます。
アメリカは失点はしたものの、後半も集中してますね。

後半15分、佐々木監督は早くも最後のカード、岩渕真奈を大野に代えて投入です。
早速、岩渕、果敢にドリブルで持ち込むプレーを見せ、期待を持たせます。

ここからの時間帯、なでしこも粘り強い守備から、攻めの形を作れるようになってきましたが、できれば、序盤からこういう試合展開に持ち込みたかったですが、なかなかそうはいかないのがサッカーですね。

後半34分、アメリカここでワンバック投入です。アメリカはここで士気が上がりそうです。

なでしこ、途中3バックにもしていたでしょうか。
しかし、さすがになでしこも足が止まってきましたね。みんな懸命に走ってましたからね。鮫島も足がつってました。

終盤、宮間がゴール前に次々にボールを送るも、GKソロを始めとするアメリカの守備を崩せず、時間だけが刻々と過ぎていき、結局、試合はこのまま2—5で終了。

なでしこ、残念ながら負けてしまい、連覇はならず、準優勝となりました。
強さを見せつけたアメリカは、4大会ぶり3度目の優勝です。

おわりに

思わぬ大差がついて、なでしこの決勝戦は完敗でした。やっぱり、アメリカの壁は厚く高かったです。
序盤の大量失点があまりにも痛かったですね。

点の取り合いの展開になりつつあったものの、アメリカには余裕がありました。
スピードとフィジカルに劣るなでしこは、守備が乱れるとこういう展開になる危険は常にあるのかもしれませんね。

しかし、なでしこ、準優勝です。
前回大会で優勝、さらにはロンドン五輪で準優勝したなでしこの、パスをつなぎ組織で戦うプレースタイルを研究し尽くされた上でも、ここまで勝ち上がってきたのは本当に見事です。

準優勝おめでとう!

ですよね。
ワールドカップの準優勝で残念っていうのも、考えてみたら、すごいことですね(悔しいですが…)。
このなでしこの見事な準優勝で、日本の女子サッカーがさらに盛り上がるといいですね。

ひとまず、なでしこの連覇に向けた4年間の挑戦は、ここで一区切りです。
今後、世代交代という大きな課題を迎えることになるなでしこジャパンですが、岩渕ら若い世代に期待しつつ、まずはお疲れさまでした。そして、ありがとうございました。