日本の女子サッカーを牽引してきたレジェンド澤穂希選手がついに現役引退のニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

2015年12月16日、日本の女子サッカーを牽引してきて、「なでしこジャパン」で世界の舞台でも活躍してきた、レジェンド澤穂希選手が、ついに現役引退するというニュースが流れました。

現在、INAC神戸に所属する澤穂希選手(37)は、今季限りで引退するということで、17日には引退会見もありました。

サッカー女子日本代表(なでしこジャパン)の中心選手として数々の金字塔を打ち立てた澤穂希選手(37)が17日、東京都内で現役引退の記者会見を行い、「心と体が一致してトップレベルで戦うのがだんだん難しくなったと感じた」と決断理由を語った。
時事ドットコム:なでしこのレジェンド澤穂希、引退会見詳報

澤選手の実力、それに存在感は本当に凄いですよね。

もちろん、女子サッカー不遇の時代も長かったですが、キャプテンとして出場した2011年のW杯ドイツ大会で、なでしこジャパンは何と見事に優勝。私も生でテレビ観戦してましたが、日本中が歓喜しましたね。
同大会では、最優秀選手と得点王にも輝いてます。

2012年にアジア人として史上初となるFIFA最優秀選手賞を受賞し、メッシと握手していたのが記憶に残ってます。
同年、2012年のロンドン五輪でも銀メダルを獲得してます。澤選手は4度目の出場だったんですね。

そして、記憶に新しい、W杯6大会連続出場(ギネス記録)となった、今年(2015年)のW杯カナダ大会では、控えに回ることが多い中でも、その経験と存在感は大きく、大会前の劣勢の評判を覆して勝ち進んだなでしこジャパンの準優勝という結果に大きく貢献しました。
日本代表として、国際Aマッチ205試合出場で83得点は、男女を通じて歴代最多なんですね。

こうやって、ざっと記録を書き留めてみても、とんでもない成績を残していて、まさにレジェンドですが、実際のサッカー界では、数字などでは書き表せない、一サッカーファンでは計り知れない影響力を持っているのでしょうね。

澤選手が不在になった後のなでしこジャパンが心配ですが、まずは、お疲れ様でした、ありがとうございましたと、一サッカーファンとしてお礼を言いたいです。

そうそう、8月にJ1仙台スタッフの辻上裕章さんと結婚してますので、少し夫婦でゆっくりしてもらいたい、なんて大きなお世話ながら思ってしまいます。

参考ニュース
澤穂希が現役引退…W杯6回出場はギネス、2011年に世界一&FIFA最優秀選手 | サッカーキング
サッカー澤穂希選手 引退発表 – NHK 首都圏 NEWS WEB
澤穂希 – Wikipedia

【関連記事】
サッカー女子ワールドカップ カナダ2015 日本代表なでしこジャパン対アメリカ代表【決勝】 テレビ観戦記(2015.7.6)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローをお願いします