小樽の野球強豪校の北照高校が部員の暴力事件などの不祥事により活動停止に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

残念なニュースが流れてきました。

2016年8月20日付 北海道新聞夕刊に掲載されていたほか、ネットのニュースでも流れてますが、小樽の野球強豪校で、北海道ではすっかり甲子園常連校ともいえる北照高校の野球部が、このたび、部員による暴力や校則違反を受けて、無期限活動停止としたそうです。

スポーツで有名な北照高校ですが、中でも野球部は春夏合わせて甲子園に8度出場している、道内でも有数の強豪校なんですよね。

まずは、9月8日開幕の秋季高校野球小樽支部予選の出場を辞退することになります。

新聞記事にによると(引用はどうしんウェブより)、

同校によると、6月に複数の部員が下級生の部員を殴る暴力行為があった。道高野連には、過去1年半の間に、野球部の不適切行為が計6回あったと報告した。

 小玉校長は北海道新聞の取材に「再発防止に向け、(野球部を)無期限の活動停止としたい」と述べた。
北照野球部 秋季大会辞退 部員が暴力事件 | どうしんウェブ/電子版(社会)

ということで、とても残念ですが、最近に他にも不祥事を起こしていたのですね。
そういえば、2014年には、当時の野球部監督が部員への体罰で、謹慎3ヶ月の処分を受けて退任ということもありました。う〜む…

注目され、期待されている高校だけに、こういうことが起きてしまい、本当に残念です。

※関連ニュース
北照高、野球部の活動停止=部内暴力など不祥事続く―高校野球 (時事通信) – Yahoo!ニュース(元:北照高、野球部の活動停止=部内暴力など不祥事続く-高校野球:時事ドットコム
・2016年8月20日付 北海道新聞夕刊(北照野球部 秋季大会辞退 部員が暴力事件 | どうしんウェブ/電子版(社会)

【関連記事】
地元・小樽北照高校の野球部監督が部員への体罰で1年間の指導停止処分

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローをお願いします