トーキング・モジュレーターのベスト・ソング TOP10をアメリカのギター誌が発表したというニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

トーキング・モジュレーターって、何だか懐かしいですが(トーク・ボックスとも呼ぶんですね)、そのトーキング・モジュレーターのベスト・ソング TOP10を、米国のギター誌Guitar Worldのサイトが発表したというニュースがありました。

(情報元:「トークボックスのベスト・ソング TOP10」を米ギター誌Guitar Worldが発表 – amass

トーキング・モジュレーターといえば、ギターで弾いた音を口の中で響かせて、喋っているような音を出す、ギターのエフェクターの一種ですよね。

個人的にはトーキング・モジュレーターといえば、ピーター・フランプトンの「Show Me The Way」にジェフ・ベック「She’s A Woman」、ジョー・ウォルシュの「Rocky Mountain Way」かな、と思ったら、やっぱり…

では、その TOP10です。
こちらのサイト(→「トークボックスのベスト・ソング TOP10」を米ギター誌Guitar Worldが発表 – amass)では、全曲をYouTubeから掲載してますが、ここではベスト3のみ掲載します。

10. Bon Jovi, “Livin’ on a Prayer”
09. Motley Crue, “Kickstart My Heart”
08. Nazareth, “Hair of the Dog”
07. Weezer, “Beverly Hills”
06. Steely Dan, “Haitian Divorce”
05. Pink Floyd, “Pigs”
04. Alice in Chains, “Man in the Box”

03. Joe Walsh, “Rocky Mountain Way”

02. Jeff Beck, “She’s a Woman”

01. Peter Frampton, “Do You Feel Like We Do”

ということで、1位は「Show Me The Way」ではなかったですが、ピーター・フランプトンでしたね。

※元サイトはこちら。
The Top 10 Talk Box Moments in Rock | Guitar World

せっかくなので、ランキングには入ってませんでしたが、ピーター・フランプトンの「Show Me The Way」も。