スティングが久しぶりにロックよりのアルバム「57th & 9th(ニューヨーク9番街57丁目)」発売のニュース。公開音源あり【追記あり】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

音楽関係のニュースは昔よく聴いたミュージシャン中心にチェックしている小梅太郎です。

今回気になったのは、スティングが久しぶりにロックよりのアルバム「57th & 9th(ニューヨーク9番街57丁目)」を発売するというニュースです。

スティングは最近、ロック系から離れたアルバムを発表していて、ロック色の濃いアルバムとなると、1999年の「Brand New Day」以来となるそうで、随分と経つんですね。

アルバムは海外、日本とも11月11日発売予定で、次のようなニュースがありました。

アルバム・タイトルは、彼がスタジオに行く際、毎日のように渡っていた交差点に由来するとのこと。アルバムのプロデュースはマーティン・キールスツェンバウム(Martin Kierszenbaum)。レコーディングには

Dominic Miller (guitar)
Vinnie Colaiuta (drums)
Josh Freese (drumms / Nine Inch Nails, Guns n’ Roses)
Lyle Workman (guitar)

そしてサンアントニオ拠点のテクス・メクス(アメリカンスタイルとメキシカンスタイルの融合した音楽)・バンドのThe Last Bandolerosが参加しています。
スティングが新曲「50,000」をオフィシャル公開 – amass

新曲の音源が数曲公開されています。

こちらがプリンスが亡くなった週に書いたという「50,000」。

こちらは「I Can’t Stop Thinking About You」で、以前のよく知るスティングっぽいサウンドといえそうです。

【2016.10.03追記】
上のと同じ曲なんですが「I Can’t Stop Thinking About You」のミュージックビデオが公開されてます。

【2016.11.7追記】
新曲「Petrol Head」が公開されてます。

「I Can’t Stop Thinking About You」のアコースティック・ヴァージョンも公開されてました。