小樽駅前の長崎屋の地下1階にある函館ラーメンのお店「函館麺工房小樽店」で塩ラーメン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

先日、以前から気になっていたラーメン屋に行ってきました。

小樽駅前の長崎屋の地下1階にある、函館ラーメンのお店「函館麺工房小樽店」です。

blog2015-11-21 12.53.26

場所的には、地下食料品売り場の反対側になりますね。

blog2015-11-21 12.53.20

ここは、2012年5月にオープンしているようで、小樽店というくらいですから、本店が函館にあるようですが、小樽で函館ラーメンって珍しいですよね。

ただ、口コミなんかをチェックすると、結構人気があるみたいなんです。

カウンターとテーブル席のある横長のシンプルな店内に入り、函館ラーメンといえば、やっぱり塩かな、と思いつつメニューを見ると、塩、正油、みそ、辛みそとあって、それぞれにあっさり味とこってり味があります。

blog2015-11-21 12.32.21

ただ、まずはやっぱり塩ラーメンが食べてみたくて、あっさりの「はこだて塩らーめん」(650円)と、こってり「コク塩らーめん」(750円)を注文しました。

こちらが、あっさりの「はこだて塩らーめん」ですね。

blog2015-11-21 12.31.38

確かにあっさりですが、透明感のあるスープは、しっかりとした味わいでコクがあり、美味しい!

blog2015-11-21 12.32.07

麺は黄色いやや縮れた麺です。

blog2015-11-21 12.32.41

チャーシューが柔らかくて美味しいですね。

そういえば、久しぶりに外で塩ラーメンを食べたかも。
奇をてらわない味、と言えばいいのかな、こういう塩ラーメンって、実はあまりないかもしれないですね。

ランチセット(3時まで)として、ラーメン各種に+200円でミニチャーハン付ということで、これもたのみました。

blog2015-11-21 12.33.31

この時は、何があったのかは分からないのですが、さらに感謝企画としてラーメン大盛り無料でしたよ。

そして、こちらが、こってり「コク塩らーめん」ですね。

blog2015-11-21 12.31.49

こちらには紅ショウガが付いてきました。

blog2015-11-21 12.34.15

表面を脂が覆っていて、これがこってり感を生んでるのですが、とにかく熱い!最後まで熱い!

blog2015-11-21 12.34.30

そして、コクがあって美味しい!

紅ショウガを加えると、またちょっとアクセントになって、いいですね。

blog2015-11-21 12.36.14

最近は、味の濃い、豚骨系のこってりしたラーメン屋が多く、もちろん、そういうラーメンも大好きですが、こういう、いい意味での普通の塩ラーメンって、ほとんど食べられないかもしれないですね(コク塩らーめんはコクがありましたが)。

ということで、塩以外は食べてませんが、なんだか人気があるのが分かるような気がするラーメンでした。ごちそうさまでした。

※函館麺工房小樽店の営業時間は11:00〜19:00(スープがなくなり次第終了)。
定休日は日曜日です。
(お店情報は2015年11月時点でのものです)

▼食べログ情報
函館麺工房 小樽店

※参考
小樽ジャーナル(ママ14 – 小樽ジャーナル)