ザ・カーズのフロントマン、リック・オケイセックが死去のニュース

ザ・カーズのフロントマンで、ボーカルでギターのリック・オケイセックが、2019年9月15日(日)にニューヨーク・マンハッタンにあるアパートメントで、遺体となって発見されたというニュースがありました。

情報元:人気ロックバンド「カーズ」のオケイセック氏が遺体で発見される 80年代にヒット曲連発― スポニチ Sponichi Annex 芸能

報道によると、年齢が70歳もしくは75歳だったと伝えられているそうで、定かでないんですね(75際説が有力とのこと)。
追加の報道によると、心臓病で亡くなったようです。

Embed from Getty Images

ニュー・ウェーブの代表的なバンドとして人気を博したカーズは、1976年から1988年の解散までに6枚のアルバムを発表し、80年代には「ユー・マイト・シンク (You Might Think)」や「ドライブ (Drive)」などをヒットさせてます。

リック・オケイセックは、解散後にはソロ・アルバムも多く出していて、2010年には2000年に53歳で死去したベンジャミン・オールを除く残りのメンバーでカーズを再結成し、2011年にアルバムをリリースしました。

ザ・カーズは2018年にロックの殿堂入りを果たしてます。

確かに私が聴いてきた頃も、ニュー・ウェーブのロックバンドとして、新しい世代として台頭してきたと記憶してますが、そのサウンドと加えてミュージックビデオがユニークだったイメージを持っています。

リック・オケイセック氏のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

※関連ニュース
ザ・カーズのリック・オケイセック、急逝 | BARKS
ザ・カーズのリック・オケイセックが死去 – amass
米ローリングストーン誌「ザ・カーズのリック・オケイセック 必聴17曲」発表 – amass