サッカー日本代表 W杯ロシア大会アジア最終予選、2017年6月の試合に挑むメンバー25名を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

アジア最終予選(Road to Russia)|SAMURAI BLUE|日本代表|JFA|日本サッカー協会スクリーンショットより。

5月25日(木)、サッカー日本代表のハリルホジッチ監督は、6月7日(水)の国際親善試合のシリア戦、そして、6月13日(火)のW杯ロシア大会アジア最終予選のイラク戦に臨む日本代表のメンバー25名を発表しました。

6月の2試合に挑む日本代表25名

まずは、メンバーは下記の通りです。
GK
川島永嗣(メス/フランス)
東口順昭(ガンバ大阪)
中村航輔(柏レイソル)
DF
長友佑都(インテル/イタリア)
槙野智章(浦和レッズ)
宇賀神友弥(浦和レッズ)
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)
昌子源(鹿島アントラーズ)
三浦弦太(ガンバ大阪)
MF
今野泰幸(ガンバ大阪)
倉田秋(ガンバ大阪)
香川真司(ドルトムント/ドイツ)
加藤恒平(PFCベロエ・スタラ・ザゴラ/ブルガリア)
山口蛍(セレッソ大阪)
遠藤航(浦和レッズ)
井手口陽介(ガンバ大阪)
FW
岡崎慎司(レスター/イングランド)
本田圭佑(ミラン/イタリア)
乾貴士(エイバル/スペイン)
大迫勇也(ケルン/ドイツ)
原口元気(ヘルタ/ドイツ)
久保裕也(ゲント/ベルギー)
浅野拓磨(シュツットガルト/ドイツ)

※参考:ハリルホジッチ「私は競争を生んでいる」シリア戦、イラク戦メンバー発表会見 – スポーツナビ

選考メンバーについての感想

まず、3月のアジア最終予選時のメンバーからは、GKの西川、林、DFの森重、植田、MFの清武、高萩、FWの宇佐美という、結構な人数が外れましたね。怪我の長谷部ももちろん選ばれてません。

今回初招集されたのが、GK中村、DF宇賀神、三浦、MF加藤ですが、まずはやっぱり驚いたのが、ブルガリアでプレーしているMF加藤恒平選手の選出ですね。

時折、ハリルホジッチ監督の口からその名前が出ていたのは記憶しているのですが、正直、そのプレーを含めて私は全然見たことがないんですよね。

加藤は守備的MFとのことで、大黒柱の長谷部の怪我と、3月のUAE戦で負傷した今野もその復帰途中ということで、このポジションは確かに手薄なので、どんなプレーを見せてくれるのか楽しみです。まずは、親善試合のシリア戦で使われるかもしれませんね。

GK中村は、ここ最近のチームでの活躍もかなり目立っていましたし、次の日本代表の守護神として期待大です。ただ、先発となると、川島が3月のアジア最終予選でいいパフォーマンスを見せてますし、フランスでも第3GKという難しい立場から見事にスタメンの座を勝ち取ってますからね。

DFはここ数年は代表常連だった森重が外れましたね。CB候補は三浦が選ばれてますが、プレミアでも信頼を勝ち取って活躍する吉田と組むのは昌子か槙野か。

FWはさすがに宇佐美が外れました。
代わって選ばれたのが約2年ぶりの代表復帰となった乾です。スペインのエイバルでスタメンを勝ち取り、先日のバルセロナとの試合では、負けはしたものの、衝撃の2ゴールをあげてますからね。

この乾と今や日本のエースともいえる成長を見せている久保、そして、ドイツで好調を維持する大迫の3人による前線を見たいですね。
それにしてもFW陣は、全員いわゆる海外勢ですね。

おわりに〜日程など

現在、日本はグループBで首位に立っていますが、2位のサウジアラビアとは同じ勝ち点で得失点差によるもので、3位のオーストラリアとは勝点3差とまだまだ予断を許さない状況です。

今回対戦するイラクは、勝点7差で5位ですが、イラクは簡単な対戦相手ではないです。

アジア最終予選でのイラクとの前回の対戦といえば、ホームでアディショナル・タイムの山口の劇的ゴールで、かろうじて2—1の勝利を収めたあの試合ですからね。

今度はあんまりヒヤヒヤさせないでもらいたいです。

6月の親善試合とアジア最終予選の日程は次の通りです。

キリンチャレンジカップ2017
シリア代表戦
2017年6月7日(水) 19:25 キックオフ(予定)
東京スタジアム

アジア最終予選
イラク代表戦
2017年6月13日(火) 21:25 キックオフ(予定)(日本時間)
イラン/PAS Stadium

※参考
アジア最終予選(Road to Russia)|SAMURAI BLUE|日本代表|JFA|日本サッカー協会