ボズ・スキャッグスが新しいアルバム「Out Of The Blues(アウト・オブ・ザ・ブルース)」を発売するというニュース。公開音源あります

最新の音楽事情にはさっぱり疎く、音楽関係のニュースは昔よく聴いたミュージシャン中心にチェックしている小梅太郎です。

今回気になったのは、ボズ・スキャッグスが新しいアルバム「Out Of The Blues(アウト・オブ・ザ・ブルース)」を海外で2018年7月27日、日本で8月1日に発売するというニュースで、アルバムからの公開音源があります。

スタジオ・アルバムのリリースは2015年の「A Fool to Care(ア・フール・トゥ・ケア)」以来ということで、ボズ・スキャッグスが自身のルーツでもあるブルースに回帰したアルバムになっているそうです。

ボズ・スキャッグスといえば、どうしても日本ではダンディでAORのイメージが強く、実際、そういったサウンドの曲がヒットしてますが、もともとはR&Bやブルース色の濃い、ソウルフルなヴォーカルを聴かせていたんですよね。

アルバムのついては、次のようなニュースがありました。

新作はオリジナル曲とカヴァー曲で構成。カヴァー曲は、ニール・ヤング「On The Beach」、音楽プロデューサーやピーコック・レコードの創設者としても活躍したドン・ロビー作曲の「I’ve Just Got to Forget You」「The Feeling Is Gone」や、ウェストコースト・ブルースを代表するR&B・シンガー、ジミー・マクラックリンの「I’ve Just Got to Forget You」、1950年代から1960年代にかけて活躍したブルース・シンガー、ジミー・リードの「Down In Virginia」が収録。

ボズ・スキャッグスが新アルバム『Out Of The Blue』を発売、1曲試聴可 – amass

オリジナル新曲は、ボズ・スキャッグスと長年の共同作業者であるジャック・ウォルロスが共作した4曲あって、音源が公開されているのはその新曲のうちのひとつ「Rock and Stick」です。

う〜ん、新曲もブルースベースの抑えの効いたいい曲ですね。

※関連ニュース
ボズ・スキャッグス3年ぶりのオリジナル・アルバム『アウト・オブ・ザ・ブル-ス』7月発売決定 | NEWS | MUSIC LIFE CLUB