サッカー女子ワールドカップ カナダ2015 日本代表なでしこジャパン対カメルーン代表 テレビ観戦記(2015.6.13)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

サッカー女子ワールドカップ(W杯)カナダ2015
日本代表なでしこジャパン対カメルーン代表

キックオフ:2015年6月13日(土) 11:00(日本時間)
試合会場:バンクーバー BCプレイス・スタジアム

初戦に難敵スイスに勝利したなでしこジャパンは、このカメルーン代表との試合で勝てば、2位以内でのグループリーグ突破が決まります。

対するカメルーン代表は、初戦のエクアドル戦いで、6—0の大勝と波に乗っていて、もちろん、個人の身体能力も高く要注意ですね。

先発メンバー

GK:海堀あゆみ
DF:近賀ゆかり、岩清水梓、熊谷紗希、宇津木瑠美
MF:川澄奈穂美、阪口夢穂、宮間あや、鮫島彩
FW:菅沢優衣香、大儀見優季

メンバーは初戦と大きく替えてます。
GK山根から海堀。右SBが有吉から近賀。
ボランチの澤が先発をはずれ、宮間がボランチに。鮫島と川澄がサイドに入りました。

安藤が初戦スイス戦でのGKとの接触で、左足首を骨折してしまったんですよね。
それが貴重なPKに繋がり、なでしこジャパンはそのPKで得た1点を守りきって勝ち点3を獲得したわけですが、その安藤に変わっては、初戦でも交代出場した菅沢が入りました。

試合観戦記

試合は開始早々の前半5分に動きます。
サイドの川澄からのクロスが流れたところ、ファーでフリーだった鮫島が合わせて先制!

さらに前半16分、ショート・コーナーのつなぎから、宮間の素晴らしいクロスに菅沢が頭で合わせて、なでしこ追加点です。
鮫島、菅沢共に、先発起用に応えましたね。

なでしこは幸先よい試合の入りでしたが、時間とともにカメルーンの攻撃が活性化してきます。前半途中からはかなり攻め込まれましたね。

プレーの精度がやや低いことに助けられてましたが、カウンターでゴール前まで攻められることも多く、やっぱりスピードなどの個々の能力は怖いですね。一度、DFの裏をとられて、海堀のナイスセーブがありました。

中でもカメルーン17番のサイドのエンガナモイ選手は脅威ですね。
初戦でハットトリックだそうです。

ただ、全体的になでしこジャパンは、とても落ち着いていた前半で、いつもと変わらず、攻守に献身的に走ってましたね。

前半はそのまま2—0で折り返し。
後半に入ると、なでしこはメンバー交代はなく、鮫島、宇津木、宮間がポジションチェンジをしました。

ただ、前半終わり頃からの悪い流れは変わらず、川澄→大野 忍(後半9分)に続いて、阪口→澤(後半18分)と選手交代しますが、なでしこはリズムに乗れません。

後半も終始カメルーンペースで試合が進み、実際、シュートを打つのはカメルーンばかりで、なでしこはシュートまで行きません。

なでしこはパスミスが多くて、出足も一歩が遅れ、ボールがとにかくカメルーンに渡り、攻め込まれる展開なんですよね。特に試合終盤はカメルーンの猛攻を受け、何度となくゴール前でのピンチを迎えます。

攻めの形が見えないなでしこは、何とかこのまま無失点で逃げ切りたいところでしたが、最後の最後の耐えきれず、終了間際の後半44分、DFの裏のスペースをつかれて失点。

カメルーンに2—1と詰め寄られるものの、そのまま何とか逃げ切り、試合終了。
勝ち点3を獲得して、2位以内でのグループリーグ突破を決めました。

いや〜、アディショナルタイムの4分が、長かった〜

おわりに

いや〜、後半はハラハラ、ドキドキでしたが、あれだけスピードある相手に、ボールを支配されると厳しいですよね。
よく終了間際の1点で済んだ、というのが正直な印象です。

結局、なでしこはシュートは3本しか打てなかったのかな?後半はシュートを打った?

初戦に続き、後半にペースダウンしてしまうのが、何だか気になります。

6月17日(水) には、エクアドルとの対戦です。
グループリーグ最終戦で1位通過がかかりますが、これまでの結果を見ると、エクアドルはグループ内では力が劣っているようなので、是非、決勝トーナメントに向けて、弾みをつけるような試合にしてもらいたいですね。

※参考:日本 vs カメルーン 試合情報 – LEGENDSSTADIUM with FIFA女子ワールドカップ2015 公式動画

【関連記事】
サッカー女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会がいよいよ開幕。なでしこジャパン初戦の対戦相手はスイス