ザ・ローリング・ストーンズの11年ぶりの新アルバム「ブルー&ロンサム(Blue & Lonesome)」はブルースのカヴァー・アルバム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

いよいよ発表されましたね。
ザ・ローリング・ストーンズの新アルバム「ブルー&ロンサム(Blue & Lonesome)」が12月2日(金)に発売のニュース。

数日前から、6日に何か発表があるようだというニュースがあちこちで流れてましたが、2005年の「ア・ビガー・バン」以来、11年ぶりとのなるこのアルバムは、ブルースへ回帰したアルバムということで、次のようなニュースがありました。

ローリング・ストーンズ(THE ROLLING STONES)が2005年の『ア・ビガー・バン』以来11年ぶりのアルバム『ブルー&ロンサム』(UICY-15588 2,500円 + 税)を12月2日(金)に発売します。彼らが多大な影響を受けたジミー・リード、ウィリー・ディクソン、エディ・テイラー、リトル・ウォルター、ハウリン・ウルフといったブルースマンの楽曲をオーバーダブなしで録音。
ザ・ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)、11年ぶりのアルバム『ブルー&ロンサム』を12月2日に発売 – CDJournal ニュース

発売仕様は、通常盤CD、CDに72頁の豪華ブックレットと複数枚のポストカードが付いたデラックス・エディション、2枚組LP、デジタル・ダウンロードの4つ。

アルバムは、ロンドンで昨年の12月に、たった3日間でレコーディングされたそうですが、偶然、隣のスタジオでレコーディングしていたという、エリック・クラプトンが2曲でゲスト参加しているそうです。

新曲なしの、全てブルースのカヴァーということで、気になるのは、そのカヴァーの内容ですが、次のようになってます。

01. 「ジャスト・ユア・フール(Just Your Fool)」(リトル・ウォルター)
02. 「コミット・ア・クライム(Commit A Crime)」(ハウリン・ウルフ)
03. 「ブルー・アンド・ロンサム(Blue and Lonesome)」(リトル・ウォルター)
04. 「オール・オブ・ユア・ラヴ(All Of Your Love)」(マジック・サム)
05. 「アイ・ガッタ・ゴー(I Gotta Go)」(リトル・ウォルター)
06. 「エヴリバディ・ノウズ・アバウト・マイ・グッド・シング(Everybody Knows About My Good Thing)」(リトル・ジョニー・テイラー)
07. 「ライド・エム・オン・ダウン(Ride ‘Em On Down)」(エディ・テイラー)
08. 「ヘイト・トゥ・シー・ユー・ゴー(Hate To See You Go)」(リトル・ウォルター)
09. 「フー・ドゥ-・ブルース(Hoo Doo Blues)」(ライトニン・スリム)
10. 「リトル・レイン(Little Rain)」(ジミー・リード)
11. 「ジャスト・ライク・アイ・トリート・ユー(Just Like I Treat You)」(ハウリン・ウルフ)
12. 「アイ・キャント・クイット・ユー・ベイビー(I Can’t Quit You Baby)」(オーティス・ラッシュ)

とうことで、いや〜、渋いですね。それに、オーバーダブなしでの生演奏というのも、何ともいいですよね。
クラプトンが参加しているのは、6, 12のようです。

現在、リトル・ウォルターの「ジャスト・ユア・フール」の一部がYouTubeで公開されてます。
The Rolling Stones – Just Your Fool – Blue & Lonesome

【2016.10.24追記】
「Hate To See You Go」の一部(60秒)が公開されてます。

※参照
ローリング・ストーンズが新アルバム『Blue & Lonesome』を12月2日発売 – amass
ザ・ローリング・ストーンズの新作、エリック・クラプトンが2曲に参加 | The Rolling Stones | BARKS音楽ニュース
・Amazonブルー&ロンサム商品説明より。

直前に公開されていた短い動画

ちなみに、こちらが発表直前に公開されていた短い動画です(参考:ザ・ローリング・ストーンズ、サプライズ・ギグ開催&木曜日になにかを発表 | The Rolling Stones | BARKS音楽ニュース)。