オーティス・レディング最後のレコーディング・セッション「Dock of the Bay Sessions(ドック・オブ・ザ・ベイ・セッションズ)」発売のニュース。新しく制作されたミュージックビデオも公開

オーティス・レディングの1967年12月10日の死の直前にレコーディングされた作品の全貌を明らかにするアルバム、「Dock Of The Bay Sessions(ドック・オブ・ザ・ベイ・セッションズ)」がリリースされるというニュースがありました。アルバムからの公開音源があります。

“キング・オブ・ソウル”オーティス・レディング・・・最後のレコーディング・セッションの全貌が50年後の今ここに!
日本でも人気が高い「ドック・オブ・ザ・ベイ」(唯一の全米NO. 1シングル)を筆頭に1967年12月10日の死の直前に録音された辞世の作品の全貌が明らかになる、オーティス・ファン、ソウル・ファン必携のドキュメンタリー的作品集。
Otis Redding / オーティス・レディング「Dock Of The Bay Sessions / ドック・オブ・ザ・ベイ・セッションズ」|ワーナーミュージック・ジャパン

ということで、海外で5月18日発売、日本では5月23日発売予定です。

アルバムはSpotifyで、全曲リスニング可能になってます。

さらに、「(Sittin’ On) The Dock Of The Bay」の新しく制作されたミュージックビデオが公開されています。

オーティス・レディングの歌声は、やっぱり心に響いてきますね。

※参照:オーティス・レディング 新たに制作した「(Sittin’ On) The Dock Of The Bay」のミュージックビデオ公開 – amass

収録されている楽曲は、オーティスの死後に発表された様々なコンピレーション・アルバムや企画アルバムなどに収録されていますが、彼が意図していたであろうアルバムという形で1枚の作品として編集されるのは、今回が初。
オーティス・レディング 新たに制作した「(Sittin’ On) The Dock Of The Bay」のミュージックビデオ公開 – amass

アイテム検索 – TOWER RECORDS ONLINE(ドック・オブ・ザ・ベイ・セッションズ)

スポンサーリンク

フォローをお願いします